FUJIFILM X-T5と使いたいおすすめのレンズ3選 万能に撮れるセットを構築しよう

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

連日X-T5の記事ばかり投稿していて恐縮ですが、本日もX-T5関連についてです。

X-T5は誰もが何でも撮れると言っても過言ではない万能なカメラとなっています。実際に購入される方も様々なジャンルを様々な焦点距離で撮影することでしょう。

そこで大事なのがレンズ選びです。FUJIFLIM Xマウントは本当に素晴らしいレンズが多くありますので、いい意味でレンズ選びも苦労することが考えられます。

ということで今回はX-T5と一緒に持っておきたいおすすめのレンズを3本紹介していきます。

 

 

X-T5と使いたいおすすめのレンズ3選

おすすめのレンズを紹介する上でX-T5の特性について詳しく知っておきたいという方は以下の記事を読んでからの方が理解が深まるかもしれません。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。X-T4が発売されてから2年半...。遂にこのカメラが誕生しました。X-T5です。X-T4の時点で既にXシリーズ史上最高の高性能カメラと言われていたわけですが、そのX-Tシリーズ最新モデルのX[…]

 

 

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

X-T5のレンズキットとなっているレンズなので紹介しようか迷いましたが、使えば使うほどにいいレンズだなと感じたので挙げさせていただくことにしました。

よくキットレンズの性能は低くおすすめしないという記事や動画をよく目にしますが、FUJIFILM Xの場合は例外です。

このレンズの特徴は価格、焦点距離、F値、写り、手ブレ補正有り、AF、軽量コンパクトと全てのバランスが適度にとれていることにあります。逆に言うと何かに秀でているわけでもないですが、何かに強く不満を持つこともないレンズです。

そのくらいバランスの取れているレンズなのでまさに万能機であるX-T5にぴったりとなります。実際にX-T5とこのレンズを組み合わせて撮影を行いましたが、AFも早く、カメラとレンズのバランスもよく、写真もよく解像しました。

ズームレンズでも強烈なボケ感が欲しいという方には向いていませんが、これ一本付けておけば間違いのないレンズです。

詳細について知りたい方は以下の記事参考にしてください。

関連記事

今回は久々にレンズについて記事を書いてみます。そして本ブログでは初となるFUJIFILMのXマウントについてレビュー記事を書いていこうと思います。そのレンズとは、富士フイルム XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS。[…]

 

 

XF56mmF1.2 R WR

続いて個人的に大好きなレンズでもあるXF56mmF1.2 R WRです。

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISでは少し足りないボケ感や明るさを補うためとしての使い方もいいですが、パンフォーカスで使ったときの解像感もずば抜けているレンズのため、ここぞという時に使うために持っておきたいレンズです。

このXF56mmF1.2 R WRも最近作られたばかりのレンズであるため、第五世代センサーを積んでいるX-T5と合わせて使うことでFUJIFILM Xが目指している色表現をより感じられる組み合わせとなっています。

レンズに手ブレ補正はありませんが、X-T5には最大7.0段分の強力な手ブレ補正が備わっているためそこの相性も非常にいいです。

どんな写真が撮れるか、使い勝手はどうかについては以下の記事で書いていますのでチェックをお願いします。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。先日のX-H2に引き続き、FUJIFILMさんから新発売のXF56mmF1.2 R WRというレンズをお借りしました。元々Xマウントの中で人気レンズであった「XF56mmF1.2 R」のリニュ[…]

中望遠があまり得意ではないという方はXF23mmF1.4 R LM WR、XF33mmF1.4 R LM WRなんかを選択肢に入れておくといいかもしれないです。

 

 

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

最後に紹介するのがXF50-140mmF2.8 R LM OIS WRという望遠ズームレンズです。

よくななにっぱと呼ばれるレンズです。このレンズ、僕も実際に使っていましたが写りは素晴らしいです。レッドバッジと呼ばれるXの大三元レンズなので写りがいいのは当然ですが、140mm(35mm換算:210mm)という焦点距離が少し物足りないと思うことが多々ありました。

そこを補うために2倍のテレコンを使っていましたが、明るく撮れなくなったり、解像感が失われてしまったりとレッドバッジの写りを活かせなくなっていました。

それがX-T5では4020万画素という高い画素数とカメラ内の機能でもある1.4倍、2倍のテレコン機能が備わっています。テレコン機能を使うとトリミングされるので画素数は多少失われますが、2倍でも2000万画素くらいには残るので問題なく見れるレベルです。なにより明るさは下がらないのは頼もしいです。

以下の記事で詳細を書いていますので、気になった方はご覧ください。

関連記事

こんにちは。Nocchi(のっち)です。レンズセットに一本は入れておきたい望遠レンズ。そんな望遠レンズで唯一僕が持っているレンズがXF50-140mmF2.8 R LM OIS WRというレンズ。このレンズはレッドバッチと呼ばれるX[…]

 

 

購入前に使ってみたいという方にはレンタルがおすすめ

気になるかレンズはあるけどいきなり大金を払って購入するのは気が引けるという方にはカメラレンタルサービスがおすすめです。

その中で特におすすめなのが「GooPass」というサービスです。「GooPass」は一生分の機材を”今”手に入れるをコンセプトに自分の好みに入れ替えて組み合わせられる。月額制カメラ機材の入れ替え放題サービスです。

購入のハードルが高いという方は「GooPass」を使って気になるレンズをたくさん使いましょう。

 

 

 

最後に

今回はX-T5に合うおすすめのレンズを紹介してみました。

カメラもどんどん増えていますが、レンズも増えているので組み合わせも多くなってきてレンズ選びも大変になってきましたね。この記事を読んで少しでもレンズ選びの参考になれば嬉しいです。

 

sponsored