新レンズが続々 XF56mmF1.2 II、XF30mmF2.8 Macro、XF8mmF3.5

こんにちは、Noccchi(のっち)です。

5月31日に行われ富士フイルムの「X Summit OMIYA 2022」では新たに3本のレンズがロードマップに追加されました。

それがXF56mmF1.2 II、XF30mmF2.8 Macro、XF8mmF3.5の3本です。XF56mmF1.2の二型は開発情報は既に出ていたものの、他にも二本新情報が出たのは驚きです。

それもまたどれも面白そうなレンズだと思ったので今回はこの新発表のレンズについて記事を書いていこうと思います。

 

 

Xマウントレンズ ロードマップ

Xマウントの開発ロードマップは以下のページで公開されています。

富士フイルム Xシリーズ & GFX

富士フイルム Xシステム「Xマウントレンズ」の開発ロードマップを公開します。…

「X Summit OMIYA 2022」の中ではXF18-120mmF4 LM PZ WRとXF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの発売が発表されましたが、それ以外にも予告という形で新しく3本のレンズが追加されました。

XF18-120mmF4 LM PZ WRについては個人的に気になっているレンズなので一本記事を書いてみました。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。実は今気になるレンズがあります。それがXF18-120mmF4 LM PZ WRというレンズ。富士フイルムが5月31日に発表した新しいXマウント用の交換レンズで2022年9月に発売予定となって[…]

 

 

XF56mmF1.2 II

まずは何と言ってもこのレンズです。XF56mmF1.2 Rのリニューアルモデルです。

中望遠レンズ大好きな僕からするとこのレンズは否が応でも気になってしまうレンズです。

今はXF56mmF1.2 R APDを使っていますが、おそらくよりシャープにきりっとしたボケ感を表現してくれる真逆なレンズになるとは思いますが、写りが大きく異なるのであれば二本持っておくという選択肢も出てきます。

これは最も詳細が気になるレンズです。

関連記事

こんにちは。Nocchi(のっち)です。富士フイルムのXマウントで一本だけレンズを選べと言われたら、私は迷いなくこれを選びます。それはXF56mmF1.2 R APD。フルサイズ換算84mmの中望遠単焦点レンズということで、「なんだ[…]

 

 

XF30mmF2.8 Macro

そしてこれも面白そうなXF30mmF2.8 Macro

これまで60mmと80mmと中望遠のマクロレンズがありましたが、初の標準画角となるマクロレンズです。

さらにこのレンズはコンパクトプライムシリーズのうちの一本となるとのことで安価に手に入れることができそうです。小物や花はもちろん、スナップや風景にも使えるでしょうからかなり使い勝手のいいレンズとなることでしょう。

マクロレンズは一本欲しいと思っていたところなのでこのレンズも非常に気になります。

 

 

XF8mmF3.5

これも非常に個性的なレンズでもあるXF8mmF3.5

お待ちかねの単焦点超広角レンズです。ズームレンズでXF8-16mmF2.8 R LM WRやXF10-24mm F4 R OISはありましたが、高かったり、重かったり、写りが甘かったりと難ありのレンズでした。

このレンズの誕生は朗報です。

このレンズもコンパクトプライムシリーズに加わるため超広角でありながらも安価に手にいれることができそうです。

おそらく軽量コンパクトでしょうから手軽に奇抜な写真を撮れる頼もしいレンズであること間違いなしです。

 

 

最後に

今回は新たに開発が発表されたXF56mmF1.2 II、XF30mmF2.8 Macro、XF8mmF3.5について書いてみました。

どれも気になってしまって全て買ってしまいそうな勢いですが、今から詳細が楽しみです。

sponsored