【作例あり】富士フイルム XF56mmF1.2 R APD レビュー

こんにちは。Nocchi(のっち)です。

富士フイルムのXマウントで一本だけレンズを選べと言われたら、私は迷いなくこれを選びます。

それはXF56mmF1.2 R APD。フルサイズ換算84mmの中望遠単焦点レンズということで、「なんだポートレートレンズじゃん」と片付けてしまう方も多いと思いますが、まぁまぁお待ちください。それではあまりにこのレンズに失礼です。

私は全くポートレートを撮りませんが、このレンズのおかげで単焦点レンズの奥深さをさらに知ることとなりました。それくらい惚れ込んでいるこのレンズの魅力を伝えていきますので、興味のある方はぜひ最後まで読んでいってください。

 

 

XF56mmF1.2 R APD

これが今回レビューしていくXF56mmF1.2 R APD

このレンズを語るにはレンズタイトルにもある「APD」について理解しなければなりません。

APDはアポダイゼーションフィルターの略で、XF56mmF1.2 Rにこのフィルターを搭載したレンズとなっています。APDによるメリットはボケを滑らかに写し出すこと。これに尽きます。

メリットはこれだけでデメリットはいくつかあります。

1つは明るさが低下します。F1.2の明るさを持つこのレンズですが、フィルターを挟むことによって実質F.17まで落ちてしまいます。夕暮れや夜の撮影が多い方は若干不利になります。

2つ目はフォーカスが遅くなります。APDの特性上、像面位相差AFを使うことができず、コントラストAFのみのためAFが非常に遅いです。AFが使えないわけではないですが、動体撮影が多い方はMF運用前提でお考えください。

 

 

XF56mmF1.2 R APDのスペック

APDを理解した上でスペック表を見ていきましょう。

価格約151,000円
焦点距離56mm(35mm換算 84mm)
F値F1.2(明るさは実質F1.7)
最短焦点距離0.7m
レンズ構成8群11枚
絞り羽根7枚
フィルター径62mm
手振れ補正なし
長さ69.7mm
重さ405g

価格と明るさ意外は無印のXF56mmF1.2と同じとなっています。フィルターが挟まるだけで価格が5万ほど上がってしまいますが、撮れる写真を考えると納得です。

最短焦点距離が0.7mとあまり寄れないことがデメリットでしょうか。物撮りには向いていないかもしれません。

 

 
 

XF56mmF1.2 R APDの外観

 

レンズ自体は昔ながらのXマウントの金属の塊。高級感のある見た目は持っているだけでもテンションが上がることでしょう。

APD特有の朱色の印字に目線を奪われてしまいます。絞りリングには通常のF値の下にAPDによって暗くなってしまった実質的なF値が刻まれています。

撮影時にいちいちレンズ側のF値を確認しないのであまり関係ないですが、一目で換算できるのはありがたいかもしれません。

レンズにはフォーカスリングと絞りリングのみの搭載となりますが、シンプルで使い勝手がいいです。絞りリングは適度な重みがあり、個人的にはXマウントのレンズの中では外観、操作性ともに最も好みの一本となっています。

 

X-E4に装着

諸事情があってX-T4を手放してしまったので手元に残ったX-E4に装着してみました。

レンズが比較的コンパクトなのでEシリーズに付けてもバランス感のいい見た目

F値が二列表記なので俯瞰してみるとごちゃごちゃしていますが、撮影にはなんの問題もなしです。

 

 
 

XF56mmF1.2 R APDの作例

それではお待ちかねのXF56mmF1.2 R APDの作例です。

極上のボケ感

 

これぞAPDの真骨頂。とろっと溶けていくようなボケ感。

他のレンズではボケがボソボソとなってしまいがちですが、このレンズのフォーカスが食ったときの被写体周辺部のボケの輪郭は非常に滑らかで惚れ惚れしてしまいます。

被写体はシャープでそこから美しいグラデーションを描きながらボケていきます。言わずもがなポートレートではこのレンズはマストでしょう。

 

前ボケにこそ発揮される真価

 

背景ボケはわかりやすいですが、奥行き感の表現には前ボケは欠かせません。

個人的にこのレンズで最も驚いたのは前ボケのとろみ。ボケ感とはボケの量ではなく、美しさなのです。

ポートレートの印象が濃いかと思いますが、このレンズはストリートにこそ向いているレンズだと感じています。

中望遠である以上、一部と切り取る使い方が主になってくるゆえ、使用頻度こそ上がってこないがここぞという場面で印象的な画を撮りたいときに力を発揮してくれます。

 

ボケだけじゃない

 

絞りを開けば風景だってお手の物。フィルターが挟まっていますが、シャープに写してくれるのでご安心を。

広角で広大な景色を記録するよりも、このくらいの距離感で大胆に切り抜くのが好きなのかもしれません。

それでは他の作例も見ていってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

僕を単焦点沼に引きずりこんだXF56mmF1.2 R APD

まだズームレンズしか使ったことしかない方、AFしか使ったことない方こそぜひ使ってほしいレンズです。新しい体験と最高の写真がそこには待っています。

このレンズを極めれば間違いなく写真の腕は上がっていくことでしょう。

sponsored