Lightroomでできる海外風レタッチ術「ブラック&オレンジ」

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

かなり前になりますが、以前「ティール&オレンジ」というレタッチ手法を紹介しました。

ティール&オレンジは海外の映画でも用いられることが多い色使いで、青とオレンジを主体としておしゃれな色味に仕上げることができます。

「ティール&オレンジ」の解説記事はこちら

関連記事

写真には色んなレタッチ(現像、写真編集)術がある。写真を海外風にしたり、映画風にしたり、光沢感やメリハリを強調したり、ふんわりさせたり、レトロ風に仕上げてみたりと現像は個性が出やすいところでもある。そんな中で、僕はよく写真を映画風に[…]

そのティール&オレンジに続いて、今回は海外の写真でよく用いられる「ブラック&オレンジ」というレタッチ手法について解説していきます。

 

 

ブラック&オレンジとは

ブラック&オレンジとは名前の通り、黒とオレンジを基調とした色味。

ティール&オレンジは青とオレンジを強調させることでコントラストを出していましたが、ブラック&オレンジは落ち着いた雰囲気の中に差し色的にオレンジが入ることで渋かっこいい色合いになります。

こんな雰囲気を作る手順を解説していきます。

 

Lightroomでブラック&オレンジを作る

まだLightroomをインストールしていないという方はこの機会にインストールしていただければと思います。

Lightroomのダウンロードとインストールは以下の記事で解説しています。

関連記事

写真編集をすることで、撮影した写真が格段に素敵に仕上がります。この機会に写真編集を始めてみませんか?写真編集を始めたいという方に向けておすすめのアプリであるAdobe Lightroom(ライトルーム)。今回は写真編集ソフトのAdo[…]

 

題材写真

今回題材として用いるのは銀座で撮ったこちらの写真。目の前のビルからオレンジの光がこぼれていることからブラック&オレンジの効果がわかりやすいためこの写真をチョイスしました。

こちらの写真はRAWで撮影して、基本的な明るさ等の補正を済ませて一旦JPGで書き出したものです。これからの解説は基本補正が済んだJPGから行っていきます。

基本的な補正については以下の記事で詳しく解説しているので参考にしながら進めていただければと思います。

関連記事

Lightroomのレタッチには基本的な作業の流れがあります。まずは、Lightroomを入れてみたはいいものの何をしたらいいのだろうと、困っている方に基本的なレタッチの順序をチュートリアル的に解説していきます。Lightroomの[…]

 

 

ライト

まずはLightroomではライトと呼ばれる露出を調整するところから

まずはコントラストを上げていき、写真の明暗差を広げていきメリハリのついた印象にしていきます。

コントラストを上げることで光の部分が明るくなりすぎるので、ハイライトを下げることでトーンを落ち着かせます。最後に黒レベルを下げてブラックを強調させていきます。

 

 

トーンカーブ

トーンカーブは左下部分だけいじります。

左下のポイントを少しあげて黒色を灰色に近づけることでマットな質感に。さらに少し右にポイントを打って引き下げて、引き締めていきます。

露出とトーンカーブを変更した写真のビフォーアフターがこちら。真ん中のスライダーを左右に動かすことで比較することができます。左がBefore、右はAfter

ちなみにトーンカーブについてよくわかっていないという方は以下の記事で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。みなさんはトーンカーブをご存知でしょうか?RAW現像やレタッチソフトのメイン機能にトーンカーブというものがあります。トーンカーブを聞いたことあるけど、使い方やどんな効果があるかわからなくて[…]

 

 

ホワイトバランス

オレンジを強調させた色味にしたいので、ホワイトバランスは若干黄色側に寄せます。温かみを帯びない程度に黄色を入れるよう調整するのがポイントです。

 

 

カラー

次にカラーパネルを使って色を作りこんでいきます。まずは色相から。

色相のポイントはオレンジを赤に寄せて濃いめのオレンジに、イエローをオレンジに強めに寄せてほぼオレンジにしていきます。イエローをオレンジに寄せすぎると色の諧調が感じられなくなり美しさが欠けてしまうので、-70~80くらいにするのがよいと思います。

 

次に彩度。

レッドは少し残っているだけでも主張が強いので彩度を下げましょう。逆にオレンジとイエローは大きく彩度を上げることでより強調させていきます。

他の彩度はほとんど消してしまいます。今回の写真は道路がブルーなので消しきるのではなく、目立たない程度に下げます。

 

最後に輝度。輝度を操るコツはバランスを見ながら動かすこと。

今回はブルーは黒に近づけたいので輝度を下げて黒に近づけていきます。オレンジとイエローはなんとなくバランスを見ながら調整します。

ホワイトバランスと色調整が済んだタイミングのビフォーアフターがこちら

かなりブラック&オレンジの雰囲気になっていきました。原型はこれで完成ですが、最後にカラーグレーディングでよりクオリティを上げていきましょう。

 

カラーグレーディング

カラーグレーディングとはシャドウ、ハイライト等の明暗別に色調を調整することで写真全体の色味を作り込み、写真を仕上げていくことができる機能となっています。

初心者の方が触るのには多少難しいと思うので、以下の記事を参考に理解を深めていただければと思います。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。先日、僕も使っている写真編集ソフトのAdobe Lightroomがデスクトップ版 4.0、iOS 版 6.0、Android 版 6.0にバージョンアップされました。その中でも、今回のバージ[…]

今回は仕上げとして中間調とシャドウにオレンジを入れて、ハイライトにはほんの少し青を入れました。

 

 

完成

ということでブラック&オレンジの完成です。落ち着いた雰囲気の中にもオレンジが効いていてかっこいい雰囲気になっているかと思います。

 

 

現像前後比較

現像前後を比較するとこんな感じ。Beforeと比べるとコントラストがかなり効いている中にもマットな質感と空気感から海外の雰囲気を感じるようになっているのではないかと思います。

 

 

Lightroomのプリセット配信開始

今回ご紹介したブラック&オレンジのプリセットを以下のページから配信しています。

今回の紹介した手順をそのまま実行すると、写真の露出によっては完成後の色味にバラつきが大きく出てしまうので、そのバラつきを抑えたプリセットとなっています。

このプリセットをあてるだけで簡単にブラック&オレンジの世界を味わうことができます。プリセットの詳細と購入は以下のページからご確認ください。

note(ノート)

こんにちは。Nocchi(のっち)です。海外のフォトグラファーの写真を見ているとBlack&Orangeを…

 

 

最後に

今回はブラック&オレンジのレタッチ解説をしてみました。

ティール&オレンジは日本でも取り入れる人が増えてきましたが、まだブラック&オレンジを取り入れている人は少ないように思います。人と色味が被りたくないと方はぜひ挑戦してみてください。

僕がレタッチの勉強した本はこちら

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
sponsored