Lightroomで写真を映画風にレタッチ。「ティール&オレンジ」

写真には色んなレタッチ(現像、写真編集)術がある。

写真を海外風にしたり、映画風にしたり、光沢感やメリハリを強調したり、ふんわりさせたり、レトロ風に仕上げてみたりと現像は個性が出やすいところでもある。

そんな中で、僕はよく写真を映画風に仕上げることが多い。

一口に映画風と言っても、その中でも色んな現像術があるのだが、今回は「ティール&オレンジ」という現像術について解説していく。

 

ティール&オレンジとは

名前のティールとはシアンに近い青色や緑色。ティール&オレンジはそんなティールとオレンジを強調させた現像術のことを指す。

青とオレンジは補色関係にあり、コントラストを出しやすい組み合わせとなっており、写真にメリハリをつけたい場合は有効な現像術だ。

色味の雰囲気はこんな感じ。テーィルとオレンジがかなり強調されていて、相性がいいことがわかる。

ちなみにSIGMA fpというカメラでは、カラーモードの一つとしてティール&オレンジが搭載されており、簡単に撮ることができる。

僕はSIGMA fpを持っていないので、今回はLightroomで写真をティール&オレンジ風に近づけていこうと思う。

 

Lightroomでティール&オレンジを再現する

それでは、Lightroomでティール&オレンジに近づけていこう。

Lightroomのインストールは↓から

 

【関連記事】Lightroomで写真編集を始めませんか? ダウンロードとインストールについて解説

題材写真

今回の題材写真はこちら。緊急事態宣言が明けたばかりの渋谷スクランブル交差点。

基本的な明るさ等の補正が済ませている状態ということもあり、基本的な補正は以下の記事を参考していただけるとありがたい。

【関連記事】誰でもできる!簡単に無料でできる夜景レタッチ解説

カラーミキサーだけでできる

基本的な補正は済ませていることもあり、今回はLightroomのカラーミキサーパネルだけで色づくりをしていく。

 

ティールの作り方

まずは青色をティールにしていく。

青色の色相をアクア色側に傾けていくことでシアンに近づけさせることができる。

また、シアンは基調となる色になるため彩度をあげる。空や道路を見ると変化がわかりやすい。

アクアが残っている場合は気持ち青色に傾けて、彩度を落としてあげると馴染んてくれるので気になる方はこの調整したほうがいいかもしれない。

 

オレンジ

次にこちらも基調となる色であるオレンジ。オレンジは元々目立ちやすい色でもあるが、さらに強調させていく。

オレンジの色相を少しだけ赤色よりにしていき、彩度もあげる。道路に反射した街灯やビル内の照明がより強調されたことがわかる。

 

赤色

赤色はオレンジよりも存在感を放ちやすい色であるため、オレンジを邪魔しないようにできるだけ景色に溶け込ませることがポイント。

今回の写真であれば手前側にあるバスや、広告の赤色が写真全体で見た時に存在感が残っているため、赤色の色相をオレンジ側に傾ける。

彩度は落とすことで、バスや広告の赤色が写真を邪魔せず溶け込ませることができる。

 

黄色

黄色も赤色同様にオレンジ側に傾けて彩度を落として景色に溶け込ませていく。

夜景において街灯等やビル内の光は、色づくりに非常に大きく影響するため、ここの変化は地味だけど大事な要素だと思っている。

 

他の色

まだ触っていない、緑、紫、ピンクの彩度は-100まで下げることでよりティールとオレンジをより強調させることができる。

ここは好みで大きく分かれるところであるが、強調させたい色を明確にすることで写真を見た側にインパクトを与えることもでき、まとまりのある写真になる。

僕はティール&オレンジではなくても、強調させない色はぐっと彩度を下げるレタッチが多い。

 

完成

 

そんなこんなで完成。

各色の色味を変えるだけで、写真全体の印象が大きく変わったのではないかと思う。

現像前後比較

 

 

ティール&オレンジの作例

 

 

 

 

 

最後に

今回はちょっと偉そうにレタッチ解説をしてみた。

他にも各色の輝度や色トーンカーブ、明暗別色補正等、色味を変えられる機能がLightroomには備わっているので、よりこだわりたい方はそっちも試してみるといいかも。

明暗別色補正についてはこちらの記事でも解説しているので興味のある方はぜひ。

 

【関連記事】Lightroom 明暗別色補正で仕上げる雰囲気

僕がレタッチの勉強した本はこちら

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!