忍者レフとは? 使い方をマスターしてガラス越しの撮影の写り込みを防止しよう

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

展望台やビル内から撮影する場合は窓ガラス越しからの撮影となることが多い。窓ガラス越しの撮影となると窓ガラスに室内の明かり等が反射してしまって写真に写り込んでしまうことがある。

このようにせっかくの綺麗な景色でも非常口のライトが写り込んでしまって台無しとなってしまう。

今回はこの写り込みを防止する忍者レフというアイテムを紹介していきます。

 

 

ガラスに光が反射される原因

ガラスに反射して写り込みが発生して原因としては、カメラ側の場所が明るく、ガラスの外が暗い場合に多い。

室内が暗かったり、外が明るけれそんなに反射もしないが、夕方から夜にかけての撮影となると写り込みのリスクが大きくなってしまう。

 

写り込みを防止する忍者レフ

これが今回紹介する忍者レフ

忍者レフと一口に言っても様々なメーカーから色んな忍者レフが販売されているが、僕が使用しているのはこちら

忍者レフはレンズとガラスとをラバー製のフードを密着させることで、室内照明などがガラスに映り込むことを防止することができる。
このようにレンズとガラスの間に光を入れさせないことで反射を防止させない仕組みとなっている。
 

伸縮可能

僕の使っている忍者レフは蛇腹(ジャバラ)機構ということもあり、このようにフード部分を伸縮することができる。

このように忍者レフを薄くすることができるため接写に近い状態でも使用することができる。

またコンパクトにすることでリュックに入れておいてもそこまで邪魔にならないため、撮影時に常に持ち歩くことでいつガラス越しの撮影になっても簡単に写り込みを防ぐが可能である。

 

3段階まで伸ばすことができるため、カメラの設置場所からガラスまで距離があったとしても隙間を埋めることができる。

 

忍者レフを使うシチュエーション

忍者レフを用いるシチュエーションとしては以下が考えられる。

  • 展望台やビル等からガラス越しの撮影
  • 動物園や水族館から水槽越しの撮影
  • 電車や飛行機等の乗り物からの撮影

 

広角レンズでもケラレが発生しない

口径の大きいフードであるため広角レンズでもケラレが発生しない。

レンズをガラス面に対して真っ直ぐにしてケラレが発生しないのはもちろんのこと、斜めにしてもケラレが生じなかった。

少なくとも17mmまではケラレが生じていないことは確認済み。それ以下の超広角域のレンズではケラレが生じる可能性がある。

 

忍者レフが使えるレンズ

レンズの大きさに合わせて二種類のサイズから忍者レフを選択することができる。

Mサイズ:内径35mmでレンズ筒直径が35mmから60mm程度のレンズに装着可能。
Lサイズ:内径60mmでレンズ筒直径が60mmから80mm程度のレンズに装着可能。
また上記サイズよりも大きいレンズを使っていたとしても、ラバー製のためカッターやナイフで加工することで装着が可能となる。

 

 

最後に

僕の撮影スタイルとして展望台から望遠レンズで地上景を狙って撮影していくことが多い。

そんな中でバックにこの忍者レフが入っているとなにより安心感が強く、写り込みを気にするストレスを感じることがない。

これ一つ持っておくとストレスを感じることなく綺麗でクリアな写真を撮っていくことが可能となる。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。

sponsored
最新情報をチェックしよう!