Lightroomで一部のみ補正する段階フィルター(線形グラデーション)とは?

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

よくレタッチをしていると写真の一部の色だけ変えたいときや、部分的に光を抑えたいときありませんか?

Lightroomには写真の一部分だけを補正する機能がいくつかあって、そのうちのひとつ「段階フィルター(線形グラデーション)」があります。

直感的に使いやすい機能なので、ぜひこの記事を読んで覚えていってください!

関連記事

写真編集をすることで、撮影した写真が格段に素敵に仕上がります。この機会に写真編集を始めてみませんか?写真編集を始めたいという方に向けておすすめのアプリであるAdobe Lightroom(ライトルーム)。今回は写真編集ソフトのAdo[…]

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。Lightroomをインストールしてみたけど、中々写真の取り込み方と管理の方法がわからず困っている方もいるんじゃないでしょうか。私も最初にLightroomを使ったときはどうやって写真をソフト[…]

 

 

Lightroom 段階フィルター 線形グラデーション

Lightroom Classicでは段階フィルター、Lightroom(今回解説する方)では線形グラデーションと名前が異なりますが、同じ機能を指しています。
本ブログはよりメジャーな呼び方である段階フィルターとさせていただきます

段階フィルターとは

直線的なグラデーション状で補正の範囲を作成する機能で、画面の縦や横、斜めの範囲に対して補正するときに使われます。
右際のメニューリストから、四角形のアイコンを選択すると、段階フィルターを操作できるようになります。
lightroom,線形グラデーション,段階フィルター写真の適当なポイントをクリックしてからドラッグすると3本のラインが出てきます。
lightroom,部分,補正赤みがかっている部分が、今回の段階フィルターによる補正対象となります。
中心のラインが補正の境界線で、それを挟む2本のラインの幅で境界の補正の強弱が変わり、ライン幅が大きいと補正のかかり方がナチュラルになります。

一部のみ明るさを変える

lightroom,空の色変える,編集赤みがかっていた真ん中より上側のみ、露光量を下げてみた。

元の写真よりも上半分が暗くなったことがわかります。全体の露光量を落としたくないけど、一部のみ光を抑えたいときに有効な手段です。
関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。レタッチをこれから始めてみたいけど、どの項目をどのくらい動かせばいいか全くわからないという方もいるかと思います。僕もレタッチを始めた頃は全くわからず、適当に項目のスライダーを動かして全然思い通[…]

 

 

色温度、色かぶり補正を変える

lightroom,編集,加工,RAW,現像,レタッチ写真の明るさ以外にも色温度や、色かぶり補正を変更できるため、一部のみ暖かくしたり、マゼンダに近づけたりすることも可能です。

今回は色かぶり補正をいじって、上半分だけマゼンダに傾けて行きます。水面より上の部分が紫がかってノスタルジックな雰囲気になっていることがわかります。

反転

横浜,みなとみらい,夕,夜景段階フィルターには反転機能が備わっており、今回でいうと上半分ではなく下半分のみ補正したいとした場合は、反転にチェックをつけると、選択されていない側に補正をかけることが可能になります。

色かぶり補正をいじってから反転にチェックをつけることで、半分より下の部分が紫がかっています。

段階フィルターのラインをぐるっと一周させると、反対側だけ補正することも可能ですが、反転機能を使えばそんな面倒なことをしなくても反対側に補正をかけることが可能になります。

 

最後に

今回は、段階フィルター、線形グラデーションについて解説してみました。
段階フィルターをマスターすると、写真を部分的に補正することができ、写真全体のバランスを崩すことなく、気になる箇所だけ補正できるのでレタッチの幅が広がります。
この機会に段階フィルターを習得しましょう!
僕がレタッチの勉強した本はこちら

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
sponsored