Hino -『フォトグラファーを紹介します。』-

「もっと写真の魅力を伝えたい」と思い、フォトグラファー様の写真と活動を紹介していくこのコンテンツ。

フォトグラファー様の愛用カメラ、レンズだけでなく、撮影時に大事にしていることも紹介していきます。

今回はHinoさんを紹介します。

 

 

 

Hino

 

 

名前:Hino
 性別:男
● 年齢:27歳
プロフィール:京都の現役フォトグラファーです。普段は某企業の撮影部門で、商品撮影、人物撮影、寺社仏閣などの景観撮影を行っています。
Webサイト:https://hi-photography.com/
Instagram:@hino0117
Twitter:@hiphotography1
 

撮影機材

 

カメラ:

・SONY α7Ⅲ

 

レンズ:

・TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD

 
・TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD

 
・SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E

 
・Canon EF50mm F1.4 USM

 
・CANON EF17-40mm F4L USM

 

 

人生のベスト3ショットとこだわり

 

降り始めた雪と八坂の塔

雪の予報を聞きつけ、降り始める2時間ほど前からこの場所に待機して撮影した写真。

寒い中かじかむ手を温めつつ撮ることが出来た思い出の一枚です。

 

 

大岩神社の印象鳥居

現在はほとんど廃神社となってしまっている大岩神社。

しかしながら参道に佇む見慣れない形の鳥居「印象鳥居」がとても魅力的で、京都でありながらも京都ではない異国のようなムードを活かして撮影した一枚です。

 

 

秋の神護寺

神護寺金堂前の階段で偶然撮れた一枚。

真っ赤な紅葉が階段を挟む構図を狙っていたのですが、さらに赤いブロワーを携えた方が偶然構図に入り、赤のリンクが嬉しかったことを覚えています。

 
 

写真を撮る時に大事にしていること

プライベートの撮影では、以下2点を大切にしています。

撮影時の心がけ

自分が最も「気持ちいい」と感じる焦点距離や構図に従うようにシャッターを切っています。

景観撮影では特に、気持ちいい焦点距離や構図を探るため、三脚はできる限り使わずに手持ちで動き回るよう心がけています。

 

撮影時のロケーション選び

京都で活動するフォトグラファーとしてSNSでは主に京都の写真を発信しているのですが、多くの方が知る有名な寺社仏閣だけではなく、 地図を眺めて発見した秘境や穴場なども撮影し、「The 京都」な景色から「あなたがまだ知らない京都」な景色までをバランスよく発信するよう心がけています。

 

 

フォトグラファーを募集します

あなたの写真と活動を公開してみませんか?

『フォトグラファーを紹介します。』では、皆さんからの写真と活動を募集します!

 
sponsored
最新情報をチェックしよう!