ebi_times -『フォトグラファーを紹介します。』-

「もっと写真の魅力を伝えたい」と思い、様々なフォトグラファー様の写真や活動を紹介していくこのコンテンツ。フォトグラファー様の愛用カメラ、レンズ等のレンズだけでなく撮影時に大事にしていることやこだわりを紹介。

今回はトラベルフォトグラファーの「ebi_times」さんについて紹介させていただきます。

 

 

 

ebi_times

 

 

●名前:ebi_times
●性別:男
●年齢:20代
●Webサイト:https://ebi-times.com
●note:https://note.com/ebi_times/
●Instagram:@ebi_times
●Twitter:@ebi_times

 

撮影機材

カメラ:

・SONY α7rⅢ

・SONY α7Ⅲ

レンズ:

・SONY FE12-24mm F2.8 GM

・SIGMA 24-70mm Art F2.8 DGDN

・SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS Ⅱ

 

 

人生のベスト3ショットとこだわり

 

実は初めて買ったカメラはオリンパスのOM-D-EM10-m2なのですが、まだ初心者だった頃の数少ない満足できた写真です。

慣れない自分にとってリフレクション写真はワクワクするコンテンツで、雨が降って水溜りができるや否や屈んで撮影をしていました。砂利がまるで星のように見え、SNSでも反響を得た記憶があります。

 

 

フルサイズミラーレスを手に入れて、初のガッツリ撮影旅で訪れたニューヨーク。

友人と事前に行った打ち合わせの中で創造したイメージを具現化した写真です。写真を見ると打ち合わせや撮影中の記憶が鮮明に残っていて、とても気に入っています。

 

 

ずっと行きたくて仕方がなかった長崎県。

フォトグラファーの中には撮影の”タイムリミット”に興奮を覚える人も多いのではないでしょうか?ここでいうタイムリミットは、影。晴れていれば影が作られますが、季節や時間帯によって影の濃さや長さが変わります。もう一回撮れと言われて、撮れない写真ほど愛着が湧いてきます。

 

 

写真を撮る時に大事にしていること

ここ最近は、「実際に印刷をして飾ったり、スマホの待ち受けにしたくなるか」という点も意識するようになりました。

綺麗に撮れているかという意味ではなく、”そこに飾るほどの価値があるかどうか”、です。綺麗な写真を撮ること自体は、ノウハウさえあれば撮れますが、撮った写真をどこまで好きになれるかは自分次第だなと実感しています。

 

 

フォトグラファーを募集します

あなたの写真と活動を公開してみませんか?

『フォトグラファーを紹介します。』では、皆さんからの写真と活動を募集します!

 
sponsored