FUJIFILM X-H2の登場は近いのか 2022年のX Summitで明かされる内容とは

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

今FUJIFILMユーザーのみならず、多くのカメラユーザーが気にしているのはX-H2の動向ではないでしょうか。

僕もその一人で一つでも新たに情報が出たり、噂を見かける度にソースを追っては真相を確かめている毎日を送っています。そのくらい注目度の高いカメラになりそうです。

情報を追っていくとわかりますが、ソースは英語記事なものが多いためしっかり読み込んでいかないと公式による正式発表なのか、ファンによる単なる噂なのかわかりません。

そこで今回は2020年1月現在のX-H2の情報を一度整理していこうと思います。

 

 

X-H2が登場するかも?

 

前モデルであるX-H1の発売日は2018年の3月。もうすでに4年の月日が経っていることもあり、そろそろX-H2が出るのでは?という期待が高まっています。

さらにその噂を勢いづけたのはSNSのある投稿

Instagramの@fujifilm_africa というアカウントから#xh2が付与された投稿。これは正式発表を待たず公式がやらかしたのでは?と多くの方が思ったことでしょう。もしかすると今もそう思っている方が多くいるかもしれません。

しかし、このアカウントのプロフィールをよく見てみると

Fan pageというのが強調されていましたね。アイコン的に公式だと信じてしまった方も多いかもしれませんが、これはファンによるX-H2の期待する投稿に過ぎません。噂というのはこういうところから始まっていくのですね。

 

 

X-H2について今分かっていること

ネットが発達しきってしまった今、芸能ニュースでもスポーツニュースでも噂が独り歩きしてしまうことは日常茶飯事です。この噂を楽しむのも一つのエンターテインメントかもしれませんが、事実だけを知りたいのであれば公式の情報だけを待つことが鉄則です。

そこでFUJIFILMさんがこれまでX-H2について言及してきた情報を整理してみますが、、、まだ公式からX-H2という文字は一切出ていない状態です。

X-H2については実はなにも分かっていないというのが現状となります。

その中でもX-H2と直接的な繋がりはないですが、分かっている情報があります。それがこの動画の後半で明かされた2022年5月に「X Summit」を開催するということ。

そしてその中で2022年にはXシリーズ5世代目の機種が登場するということ。

この動画に加え、2021年9月に開催された「X Summit PRIME 2021」の終了間際でXシステムの次期フラッグシップモデルの開発状況を伝えています。そこには積層型のX-Trans CMOSセンサーを用いることも伝えられています。

この情報を合わせると、2022年5月にXシリーズ5世代目となる新型のセンサーを積んだ機種が発表されるということになります。

これこそがX-H2なのか、X-T5なのか、X-Pro4なのか。はたまた新たなシリーズなのか。

 

他、X-H2の噂

 

今出ているX-H2についての噂についても一応見ておきましょう。

・X-H2は2022年中に発表される

・X-H2は2モデルが存在する(4000万画素センサーと2600万画素センサー)

・価格は約2500ドル(日本円で約28,9万)

過去にも新カメラやレンズが出るタイミングこのような噂情報は出てきていましたが、FUJIFILMでは大きく覆すような内容を発表してきた印象はないので以外と遠くない情報かもしれません。

 

 

最後に

まだまだ新カメラについては情報が足りない状況ですが、新センサーを積んでくるということはもちろんこれまでとは写りが変わってくるということ。

最近のレンズでいうとXF33mmやXF70-300mmはシャープに写る設計なので、その辺と親和性が高いセンサーになるのではと予想しています。逆に新センターと古いレンズ群を組み合わせて撮るのも実に興味深い。

最近はX-T4さんの出番は全くなくなってきたので、新カメラが出たら買い替えるでしょうね。おそらく。

CameRifeではこれから新カメラについて徹底的に追っていく予定なのでお楽しみに。

 

sponsored