【作例あり】富士フイルム XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR レビュー

こんにちは。Nocchi(のっち)です。

ちょっと前に望遠レンズに買い替えたいなという叫びと、どの望遠レンズに買い替えるのがベストであるかについて記事を書きました。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。定期的に訪れるレンズセットについて考える時間。僕は最近望遠レンズを何にするのがベストなんだろうかとずっと考えている。そもそもベストとは何なのかについて考えているとカメラやレンズ選びは一生終わり[…]

それからというもののすぐに購入というわけにはいかなかったですが、記事の中でも第一候補となっていたXF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRという望遠レンズを買いました。

まだ購入して一か月程度ですが、色々と写真を撮ってきたので今回は作例を交えたレビューをしていこうかなと思います。

先に感想を言っておくと非常に気に入っています。もう最高で大満足の一品。記事内でも多少テンション上がってしまうと思いますが、ご許しください。

 

 

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR

これが今回購入したXF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR

写真では伝わりにくいですが、富士フイルムのレンズの中でも珍しくマットな質感をしています。富士フイルムのレンズはテカテカとしている光沢感のあるレンズが多いのですが、このレンズからは非常に落ち着いた印象を受けます。

個人的にはこのマットな質感の方が好みだったりします。サラサラとしていて触っていて気持ちいい。

 

 

XF70-300mmのスペック

次にスペックを簡単に見ていきましょう。

価格約89,000円
焦点距離70-300mm(35mm換算 107mm-457mm)
F値F4-5.6
最短焦点距離0.83m
絞り羽根9枚
フィルター径67mm
手振れ補正5.0段分
長さ132.5-205.5mm
重さ

580g

このスペックです。スペックだけでも非常に魅力的なレンズであることがわかるかと思います。

まずは5.0段分のレンズ内手振れ補正が付いています。望遠レンズは焦点距離が長いため少しの手振れによって大きなブレにも繋がってしまうのですが、この強力な手振れ補正によって手振れをあまり気にすることなく撮影をすることができます。

さらにフィルター径が67mm、長さが最も短い状態で13cmほどで重さが580gというコンパクト仕様。このサイズ感で300mの換算450mmを撮れるというだけで魅力を感じます。

持ったときのサイズ感はこんな感じ。望遠レンズをこのサイズ感で持ち運べると考えると最高です。重いから持たなくていいぞという悪魔の囁きが聞こえなくなるのですから。

他にもレンズ名にもあるような高速・静音AFを指すLM、防滴・防塵のWRまでも備わっているレンズです。

 

 

 

XF70-300mmの外観

次に外観を細かく見ていきます。

まずは後玉側から見ていくと黒いXFのバッジが付いています。レッドバッジも神々しくてかっこいいですが、黒も渋くていいですね。マット調な質感に非常に合っています。

スイッチ類も豊富でFULL/5m~∞の撮影距離範囲の切り替えスイッチ、絞りモード切替スイッチも備わっています。

焦点距離の数字の左部にはズームロックスイッチも付いています。

 

 

X-T4に装着

僕のメイン機であるX-T4に装着した時の見た目はこんな感じです。

でか、、と感じる人もいるかもしれませんが、これで換算450mmまで撮れる望遠レンズですよ。さらに強力な手振れ補正も付いています。

さらにレンズとボディの重量感も近いのでボディバランスも絶妙で非常に撮りやすいです。

ただ300mmまでズームするとこのありさま。これはちょっと残念な点と言ってもいいかもしれないが、ズームすると見た目がだらしなくなってしまう。レンズの長さも20cm近くとなりコンパクトとは言えなくなる。

これによってはコンパクト設計が可能になっているのは理解しているのでこれ以上は言いません。

 

 

XF70-300mmの作例と感想

1か月と少し短い期間ですが、色んなシチュエーションで試し撮りしてきたので作例と共にレンズの感想を書いていきます。

 

ワイド端の描写

まずはワイド端の撮って出しで都市風景を一枚。ビルの窓を細かく見ていくとしっかりと解像されてディテールを確認することができます。最新設計ということもあり、撮って出しでもコントラストが強く、キリっとした写りをするなぁという印象。

いつもレタッチで使っているプリセットをあてるとこんな感じに仕上がります。同じプリセットなのにいつもよりコントラストを感じるのでやはりレンズによるものだということを認識しました。

 

テレ端の描写

次にテレ端300mmの撮って出しの作例

望遠側になればなるほど写りが落ちていくのはズームレンズの宿命ですが、、なんとここまでしっかり写ります。

外の換算450mmなので多少モヤるのは仕方ないですが、ここまで解像してくれるであれば望遠端でもガンガン撮っていくことができます。

 

モヤを軽く除去してレタッチをするとこんな感じ。うん、全然イケますね。

望遠端を使うときは特に手振れに注意を払う必要がありますが、1/300秒程度あれば手振れの心配することなく撮影をすることができます。レンズが被写体に食いつくように手振れを抑えてくれるような印象があり、手振れ補正の頼もしさがうかがえました。

 

AF性能

次に気になっていたAFについて

いや、、、驚きましたね、、。すごいです。LMが備わっているので静かで高速のAFはもちろんなのですが、特に驚いたのはその精度。

XF35mmF1.4のような昔のレンズを使っていると動体撮影はしょっちょうピントを外します。それがこのレンズはピントを外すことはほぼない。それもそのはずで黒い被写体や影の部分にもしっかりとフォーカスしてくれます。

動体を追いかけてもしっかりとフォーカスしてくれる素晴らしいAF性能です。

 

圧縮効果を用いた表現

換算450mmという焦点距離ともなると圧縮効果を用いた表現をすることができます。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。SNSや写真ブログ等で「圧縮効果」という言葉を聞いたことないでしょうか。遠くにある被写体を写すのに用いられることが多い望遠レンズですが、実は遠くの被写体を写すこと以外の使われ方もします。それは[…]

気軽に持ち歩けるサイズ感でありながら圧縮効果を使えることができるのは大きいアドバンデージ。

 

かなり寄れる

実はこのレンズは被写体に非常に寄ることができるためマクロ撮影が可能となっています。

最大撮影倍率0.33倍、35mm換算だと約0.5倍の倍率が可能。さらにXF2X TC WRのテレコンを装着すると倍率も2倍となり等倍での撮影が可能となる。

この作例はテレコンを装着せずに撮ったものだが、花びらに浮かぶ雨滴をしっかりと捉えていることがわかると思います。

 

テレコンとの相性

以前にレビュー記事でも書いたXF2X TC WRを装着しても撮影してみた。

関連記事

こんにちは。Nocchi(のっち)です。あともう少しズームできれば、、!なんて思う瞬間が時々あります。それは主に展望台から望遠ズームレンズを使って撮影する際に思うことが多く、なんとかしたいなーと考えていたところテレコンに出会いました。[…]

これはF値が2段分落ちてしまう代わりに焦点距離を2倍にしてくれるおもしろいツールだが、テレコンを介して撮影するとかなり描写力が落ちてしまのが難点。

テレコンを使い焦点距離450mm(35mm換算900mm)で撮影した写真がこちら

レンズとの相性というよりもテレコンの性能的にやはり描写は落ちてしまい、ボケ感も綺麗とは言えない感じになってしまいます。

AFの速度や精度はほとんど落ちずに使えるため、全く使い物にならないというわけではない。

 

他の作例

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

残念な点にも触れようと思ったのですが、本当に見つからないくらい完成されたレンズでした。

強いて挙げるとすれば望遠端で使うとF5.6まで落ちてしまうので夕方や夜での手持ち撮影はかなり厳しくなるため、日中での撮影で主になってしまうこと。くらいだろうか。。

長いこと使っていくうえで新たに気になる点が出てくるかもしれないので、出てくれば今後記事にしたいと思います。

sponsored