【作例あり】SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F レビュー

僕は単焦点レンズはあまり使わない派で単焦点レンズは一本しか持ってなかったりします。

そこで今回はその唯一持っている単焦点レンズを紹介します。

それはSONYのFE 50mm F1.8 SEL50F18F。このレンズの良かった点や気になる点、作例を交えながらレビューをしていきます。

 

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F

これがSONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F

焦点距離50mmの単焦点レンズでF1.8という明るいレンズで、なおかつ価格も安め。

手頃な価格帯のレンズが各メーカーから販売されていて、いわゆる撒き餌レンズと呼ばれるレンズでもある。

【関連記事】写真上達の鍵になる単焦点レンズとは?特徴と魅力について解説!

SONY FE 50mm F1.8のスペック

まずSONY FE 50mm F1.8のスペックをチェック!

価格約27,000円
焦点距離50mm
F値F1.8
最短焦点距離0.45mm
絞り羽根7枚
フィルター径49mm
手振れ補正×
長さ59.5mm
重さ186g

フィルター径49mmの長さ59.5mmで重さは186gということで非常にコンパクトであるということが特徴である。

また焦点距離も50mmと肉眼で見るよりも少し近くて狭い焦点距離ということで非常に使いやすい。

SONY FE 50mm F1.8の外観

次にレンズの外観をチェック

価格の割には見た目はチープ感は感じない。

手に持つとそのコンパクトさがわかる。これくらいならバッグに入れていても入っていないのと同じ。

レンズで操作できるのはピントリングによるフォーカスの調整のみ。

非常にシンプルで初心者の方が買った直後にてんやわんやすることはなさそう。

SONY α7Ⅲに装着

カメラに装着することでそのコンパクト具合がさらに感じられるだろう。

レンズフードを装着するとこんな感じ。

レンズフードが長いため、少しだけいかつくなるが、持っている分にはめちゃめちゃ軽い。

SONY FE 50mm F1.8の良かった点

それでは次にSONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fの買ってみて、使ってみて良かった点を紹介していく。

写りは綺麗

安いからといって侮るなかれ。実はこのレンズ、写りはめちゃめちゃいい。

作例はのちほどがっつり載せるが、ボケ感も申し分ないし、明るく綺麗に撮ることができる。

絞り開放で撮ると少しだけ解像感が甘いかな?と思うシーンや、ボケがうるさくなることもあるので少しだけ絞ってあげるとキレッキレに写る。

じわっと溶けていくようなボケ感を味わえるので、ボケ感を楽しみたいという方には向いているレンズな気がする。

コンパクト

僕がカメラやレンズを選ぶ基準として「使いたくなるか」に重きを置いている。

その「使いたくなるか」にはもちろん写りや価格もあるんだが、それ以前にサイズ感や重要感が大きく占めていて、そもそも持ち歩く気にならないと買っても意味がないと思っている。

このレンズは小さくて軽い。これはかなり魅力的だ。

コスパがいい

コスパもかなりいい。

フルサイズのレンズにして2万円台で買えるのはかなり安いが、そのうえ、写りも綺麗でコンパクトで非常にコスパがいいと感じる。

 

SONY FE 50mm F1.8の気になった点

さすがにそんなにいいことばかりではなく、気になる点もある。

AFが遅い

ここが残念な点で、オートフォーカスが遅い。子供や動物の素早い被写体を撮影したい場合は少し前向きなのかなと思う。

AFを早いと感じるも遅いと感じるもカメラを使う側が決めることなので、AFが遅いからと言ってこのレンズを勧めないわけではない。

他のAFが早いレンズを使ってしまうとこのレンズは遅いなぁと思うが、イライラするほどでもないし、全然普通に撮れる。

AF音がうるさい

ちょっとこれは気になる。「ギギー、ギギー」というような音を鳴らしながらマシンが頑張っていることがわかる。

僕はよく静かなイベントや展示物の撮影も行うため、そういう場でAFが鳴り響くと気になってしまう。

屋外での撮影が多い方は気にすることではないかも。

 

SONY FE 50mm F1.8の作例

それでは今までSONY FE 50mm F1.8で撮ってきた作例を載せていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

今回レビューしたSONY FE 50mm F1.8。

最初の単焦点レンズとして買う方にはオススメします。F1.8という優しいボケ感とこのコスパの良さは買って損はないんじゃないかなと思います。

今までキットレンズを使っていて、あまりボケを楽しめていなかった方は今回のような低価格の単焦点レンズを試すことがカメラや写真の魅力をさらに味わえることができるんじゃないかなと思います。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。

 

最新情報をチェックしよう!