写真上達の鍵になる単焦点レンズとは?特徴と魅力について解説!

最初にカメラを買ったとき、カメラのボディと標準レンズをレンズセットとして一緒に買った方が多いのでないかと思います。

「次のレンズ買ってみよう」と思ったときに、選択肢に出てくるのが「単焦点レンズ」だと思います。

今回はその単焦点レンズがどういうレンズであるか、特徴と魅力を解説していきます。

 

単焦点レンズとは

単焦点レンズの単焦点とは字のごとく焦点距離が1つという意味です。
要するに、ズームができないレンズのことです。
単焦点,レンズ,単焦点レンズ
例えばこのレンズ SONY SEL50F18F FE 50mm F1.8
焦点距離が50mmでしか使うことができません。ズームをして焦点距離50mm以上や、50mm以下に変動させることができないのです。
ズームできない分、自分の足で被写体との距離を測って撮影する必要があります。
一見、不便と感じしてまう単焦点レンズですが、実はとても魅力があるレンズなのです。

単焦点レンズの魅力

 それでは単焦点レンズの魅力について1つずつ解説していきます。

とにかく明るくてボケる

以前から本ブログでも何度か書いていますが、写真を撮るうえで明るさというのは最も重要です。
明るいレンズというのは、F値が小さいということです。
一般の標準ズームレンズだとF2.8が主流ですが、単焦点レンズはF2.8以下のレンズばかりが揃っています。
F1.8が多くて、中にはF1.4というとんでもなく明るいレンズもあります。
明るいレンズ、F値が小さいレンズというのはその分背景を大きくぼかした写真を撮ることが可能になります。
桜,緋寒桜,寒緋桜
SEL50F18F FE 50mm F1.8で撮影

安価なレンズが多い

単焦点レンズの最大の魅力として背景を綺麗に大きくボカすことができるのですが、こんな魅力的なポイントを持ちながらレンズ自体が安価であるということも魅力の一つです。
私が愛用している、SONY SEL50F18F FE 50mm F1.8は新品でも2万円台でも購入することが可能です。
2万円台というと高く聞こえるかもしれませんが、こちらはフルサイズ対応の単焦点レンズになります。
フルサイズ対応のレンズで2万円台は非常に安いのです。

各メーカーで販売しているAPS-Cのレンズだと、もっと安くて、1万円台や1万円を切るレンズも存在します。

そのくらい単焦点レンズは安価で手に入れることができます。

写真が上手くなる魔法のレンズ

実は単焦点レンズは写真が上達するレンズと呼ばれていたりします。
もちろん持っていれば、写真が上手くなるという意味ではないです。
さきほども説明しましたが、単焦点レンズはズームすることができないため、被写体との距離感を自分の足で測って距離感を掴む必要があります。
その焦点距離の感覚を掴むことが写真上達には非常に大事だと思います。
SEL50F18F FE 50mm F1.8で撮影
中には近づけない被写体も存在するので、その場合は限られた焦点距離でどのようにきれいな写真を撮るか考えて、工夫する必要があります。
強制的に考えさられるレンズってことにもなるのですが、それが写真上達の近道だと思っています。

単焦点レンズをどう使うか

単焦点レンズがどういうレンズか一通り説明してきましたが、使うシチュエーションがかなり限られた印象を抱いたのではないでしょうか。
確かに焦点距離が固定であることは、撮れるものはもちろん限られてきまが、単焦点レンズにはいろんな焦点距離を持ったレンズが各メーカーから用意されています。
12mの超広角や、50mの標準域、135mの中望遠域等があり、写真を撮っていると自分の好みの焦点距離ってなんとなく決まってくるんですよね。
その単焦点レンズを使い分けることで、風景やポートレートや動物等色んな写真を撮ることができます。
SEL50F18F FE 50mm F1.8で撮影 
 

最後に

今回は単焦点レンズだけの解説をしてみました。
いかがだったでしょうか。単焦点レンズの魅力は伝わったでしょうか。
僕は「2本目のレンズ買ってみたいけど、どんなレンズがいいんだろう」と迷っている方にぜひ単焦点レンズをおすすめします。
もちろんキットレンズを買わずに1本目に単焦点レンズを買うのもありです、むしろ単焦点レンズを1本目にするのをおすすめします!

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
 
最新情報をチェックしよう!