前ボケを使ってふんわり写真を撮ろう。

前ボケ,絞り,F値,桜

「前ボケ」というテクニックをご存知でしょうか?


前ボケは構図や表現に困ったときに使える便利なテクニックです。
今回は前ボケの撮り方と使い方を解説していきます。





前ボケとは

前ボケとは、メインの被写体よりも手前にあるものをボカして、ふんわりとした優しい雰囲気にしたり、写真に奥行き感を出すことができるテクニックです。

水仙,花,前ボケ,ふんわり

ピントのあっている水仙より手前の水仙をボカすことで、うっすらと白と黄色の物体が入っているのが見えます。


これが前ボケです。

前ボケの撮り方

特に花畑等の密集度の高い撮影場所のときに撮りやすいのですが、メインの被写体を決めたあとにその手前にあるボカす対象のものを見つけます。


花畑の場合は、別の花や枝や葉っぱなどが前ボケの対象になります。


前ボケの対象が見つかったあとは、カメラの設定です。
カメラの設定としては、絞りを開け(F値小さくし)ます。


絞りを開いた状態でメインの被写体にピントをあてると、その手前にあるものは自然とボケてくれるので、構図のバランスを調整してシャッターを切ります。

スカイツリー,東京スカイツリー,桜,前ボケ
↑の写真のように、前ボケの対象との距離感によってボケ感が変わります。
上部分の桜はレンズから近いのでその分大きくボケていることがわかります。


ただ前ボケさせるのではなく、ボケの大きさをコントロールするのも前ボケを使ううえで重要です。


桜,鳥,上野,前ボケ
↑の写真のように前ボケを使うことで、手前の桜と鳥と奥の建造物の距離感も伝わる写真になっています。


彼岸花,西方寺,横浜,前ボケ
赤色に囲まれることで、奥の彼岸花がミステリアスな雰囲気を醸し出しています。
こんな雰囲気も表現することができます。



sponsored

最後に

前ボケは使いやすく、構図にアクセントを加えることができる技術です。
困ったときは多用するくらいの勢いで使っちゃってください。


今回は以上で。
では、また。


記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。


Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします!

シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿