キラキラ写真を撮る。玉ボケを簡単に撮影する方法。

キャンドル,F値,絞り,玉ボケ

こんにちは! Nocchi(のっち)です。


みなさん「玉ボケ」ってご存知ですか?
玉ボケ」を写真に入れることでアクセントにすることができ、キラキラした写真に仕上げることができます。

今回は「玉ボケ」とはなにか、そして玉ボケの撮り方を解説していきます。







玉ボケとは

玉ボケ,イルミネーション,キャンドル
玉ボケとは、背景でキラキラしている玉型のボケのことを指します。
名前の通りですね。


正式には「面積が小さい光(点光源)がボケた現象」のことをいいます。

玉ボケの見つけ方

玉ボケの撮り方について解説していく前に、玉ボケを見つけるコツから。


玉ボケの見つけ方として、太陽の光が反射した葉や花、木漏れ日、イルミネーションなど面積が小さいものがたくさん集まっている場所を探します。


梅,菜の花,キラキラ

↑の木や菜の花に太陽の光が当たってキラキラしているような場所を探していきます。

それっぽい場所があっても、肉眼だと玉ボケに見えないと思うので、ファインダー越しに見てみると簡単に見つかります。


玉ボケの撮り方

絞りを開く(F値を小さくする)
玉ボケ,桜,F値

キラキラしている場所を見つけたら、それを背景に配置してボカすだけです。
絞りを開く(F値を小さく)して、被写体にピントをあてて撮りましょう。


たったこれだけで撮れちゃいます。


ちなみにF値の大きさによってボケ量も変わるので、玉ボケのサイズも変わってきます。
まずは最もF値を一番小さくしてから徐々に大きくして自分の好みの玉ボケを作るのがおすすめです!


F値についてはこちらの記事を参考にしてください。

↑の記事でも書いていますが、ボケを意識して撮影したい場合は、撮影モードはA(絞り優先)モードがおすすめです。





sponsored

作例

水仙,玉ボケ,絞り
夕暮れの木漏れ日を背景に、水仙にフォーカスをあててみました。


夕陽をボカすことで、白と黄色、オレンジの玉ボケを作ることができます。
水仙の色にもマッチしていて、写真のアクセント、副題にもなります。



玉ボケ,イルミネーション,キャンドル
手前の青いキャンドルにピントをあてて、それより後ろにあるキャンドルをボカすことでたくさんの玉ボケを作っています。


このように光が密集していればいるほど、玉ボケは作りやすく綺麗に写ります。



目黒川,イルミネーション,玉ボケ
こちらは上に紫のライト、下に黄色のライトが配置しているイルミネーションだったので、その中間に被写体であるレンズボールを配置。


このようにキラキラは見つけたけど、被写体が見つからない場合はレンズボールやスマートフォンを被写体にすることで玉ボケを作ることができます。





最後に

玉ボケは誰でも撮ることができます。


F値の小さなレンズではなく、レンズキットのレンズでも、スマートフォンでも撮ることができます。


キラキラした場所を見つけて、被写体を決めてボカすだけなのでとても簡単です。
写真のアクセントにもなるので、ぜひチャレンジしてみてください!



記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。



Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします!

シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿