カメラのEVF/電子ビューファインダーとは メリットとデメリットについて

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

ミラーレス一眼の普及に伴い急激に耳にするようになったカメラ用語として「EVF」というものがあります。

なんとなくファインダーのことと認識しているけど、どんな役割があってメリットやデメリットがあるかを理解している方はそんなに多くないんじゃないでしょうか。

今回はEVFについて詳しく解説していきます。

 

 

EVF/電子ビューファインダーとは

EVFとは、Electronic View Finderの略で電子ビューファインダーとも呼ばれます。

一眼レフでは通常、ミラーに写し出される実像をファインダーを覗いて確認しながら撮影していきます。OVF/光学ファインダーともいいます。

最近主流になってきたミラーレス一眼ではカメラ内部にミラーがないため、ファインダー内の液晶に映像を写し出すことでこれから撮る画を確認することができます。

EVFでは目の前の光景を映像エンジンで画像に変換してファインダーに表示されるため、現在のカメラの設定が反映された状態で映像を確認することができます。そのためシャッターを切る前にどのような写真になるか事前に知れることができることが特徴の一つともなっています。

 

EVFのメリット

さきほど述べたように事前にどのような写真になるかを知れることができるのはEVF最大のメリットです。設定した露出やホワイトバランスが即時反映された状態で映像を確認することができます。

他にもファインダー内でズームすることで細かくピント合わせができたり、設定値をファインダーに表示することができたりと電子化していることで便利になっている点が多いです。

 

EVFのデメリット

EVFのデメリットとしてよく挙げられるのが、液晶に表示される映像が遅れて表示されることです。

これは特に一眼レフ→ミラーレス一眼に移行した方や、野鳥など高速で動く被写体を撮影される方で多く挙がる意見です。実像を写す一眼レフに比べると遅延して表示されるのは必然です。

技術の進化と共に表示遅延は改善されているので、もしかするとそのうち気にならなくなるかもしれません。

他には機種によってEVFの解像度が異なるため表示が綺麗なものもあれば汚いものもあります。機種に依存してしまうのもデメリットです。

 

 

最後に

表示遅延は改善されつつあるものの、実はOVFかEFVかでそこにリアルを感じるかという違いもあると言う。

感覚的なものであるが、撮影時にファインダーを覗いてシャッターを切るのは写真撮影の楽しみの一つでもあるので、そこにリアルを感じるOVFも素晴らしいものがある。

どちらを使うべきというのはスペック以外にも感覚的なものを考慮して決めるのがいいかもしれませんね。

sponsored