カメラの画質モードと画像サイズとは どれが一番いい設定かを解説

こんにちは、Noccchi(のっち)です。

一眼カメラには画像モードと画像サイズという設定がありますが、みなさんはご存じでしょうか。

パッと見てどの設定にすればよいかわかりにくいかと思いますが、この設定次第で写真のクオリティが大きく変わってきます。まだ設定していないという方はぜひこの記事を読んでチェックしてみてください。

 

 

カメラの画質モードとは

画質モードとは撮った写真を保存するときの画像のファイル形式と画像の圧縮率を決める機能です。

カメラメーカーによって画質モードの項目は異なってくるのですが、富士フイルムでは以下の設定項目があります。

FINE
NORMAL
FINE + RAW
NORMAL + RAW
RAW

他のメーカーではこれに加えてBASICがあったりしますね。

一つずつ解説していくと

FINE:圧縮率が低く画質を優先するモード
NORMAL:圧縮率が高く撮影枚数を優先するモード
FINE + RAW:FINEで撮影したJPEG画像と、RAWファイルの両方を保存するモード
NORMAL + RAW:NORMALで撮影したJPEG画像と、RAWファイルの両方を保存するモード
RAW:RAWファイルのみを保存するモード

基本的に写真をJPEGだけで撮れば満足という方はFINEかNORMALの選択肢となってきますが、より綺麗な写真を撮って人に見せたい場合はFINE、そうではなくとりあえず枚数を撮りたいという方はNORMALがよいです。

これら以外の項目を理解するにはRAWについて理解する必要があります。

 

 

RAWとは

RAWとは色調や明度の情報を記したファイルです。

つまり、RAWが画像ファイルではなく情報が書かれただけのファイルのため写真として見ることはできません。これを写真にするためにはJPEGにして書き出す「RAW現像」という技術が必要になってきます。

RAWはJPEG(画像ファイル)に圧縮する前のデータのため現像やレタッチがより綺麗に反映できるメリットがあります。画質モードをJPEGにするか、RAWにするかはそれぞれのスタイルに合わせるのがよいです。

RAWとJPEGの違いについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。スマートフォンやコンパクトデジタルカメラから一眼カメラに乗り換えたという方はあまり聞きなれないと思いますが、写真の用語にRAW(ロウ)という言葉があります。スマホやコンデジで撮影した写真は基本[…]

ここまで知った上で画質モードの話に戻ります。

RAWで撮ってあとでじっくりレタッチするという方はRAWモード、保険のため、すぐにSNSにアップしたいという方はFINE + RAWもしくはNORMAL + RAWの設定にしておくのがベターです。

SNSにアップするだけならNORMAL + RAWの設定で十分かもしれません。

 

 

画像サイズとは

画質モードの近くに画像サイズという機能があります。

これは文字の通り撮った写真の大きさを決めるモードで、L、M、Sで振り分けられています。

富士フイルムの場合は以下の選択肢があります。

L 3:2
L 16:9
L 1:1
M 3:2
M 16:9
M 1:1
S 3:2
S 16:9
S 1:1
まず画像サイズだけであれば最も大きいサイズのであるLから選ぶのがいいでしょう。撮った写真をプリントしたいとなった場合でもLで撮っておけば困りません。
逆にプリントは絶対にしないでネットに投稿するくらいの用途であればMかSで問題ありません。
写真のアスペクト比(縦横比)は写真の受ける印象が大きく変わってくるので以下の記事を一度読んでみてください。
関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。写真を撮る時や現像時にアスペクト比(縦横比)を気にしていますか?実はアスペクト比が少し変わるだけでも写真から受け取る印象はかなり変わってきます。ということで今回は写真のよくあるアスペクト比[…]

画質モードにしても画像サイズにしても良くすれば良くするほど、画像のデータサイズが大きくなるのでSDカードの容量を食ってしまいます。データ量を少しでも節約したいという方は注意して設定しましょう。
 
 

最後に

今回はカメラの画質モードと画像サイズについて解説してみました。

僕は後悔したくないのでFINE + RAW、L 3:2で撮影していますが、一枚の容量が大きいためすぐにSDの容量が無くなってしまいます。これによって無駄なシャッターを切らなくなったので以外な副産物が生まれました。

sponsored