望遠レンズの魅力。望遠レンズの特性を知って素敵な写真を撮ろう。

以前初の望遠レンズを購入した記事を書きました。

望遠レンズを使った感想として、やみつきになってしまいつい何枚もシャッターを切ってしまうくらい、使っていて楽しいレンズです。

今回はそんな望遠レンズの魅力が特徴について解説していきます。

望遠レンズを持ってはいるものの使いこなせていない方や、これから望遠レンズを買おうと思っている方に少しでも参考になればと思います。

 

 

望遠レンズとは

望遠レンズは焦点距離が長く、遠くにあるものを大きく写すことができるレンズです。

望遠,レンズ,ミラーレス,一眼標準レンズ等に比べて焦点距離が長いため、大きく重くなってしまいがちなレンズでもあります。
それでも標準レンズや広角レンズでは撮ることのできない、望遠レンズならではのおもしろい写真を撮ることができるのでついつい撮るのに夢中になってしまいます。

望遠レンズの種類

一口に望遠レンズといっても、細かく見ていくと色んな種類の望遠レンズがあります。

レンズ,カメラ,一眼

望遠ズームレンズ

ズームをすることで焦点距離を変えられる望遠レンズです。

焦点距離は70mmから最高で600mmくらいまで焦点距離を変更できるものもあり、バズーカみたいな見た目のものもあります。

200mmくらいまでなら十分に持ち運びが可能なレンズとなります。

僕が以前買ってレビュー記事を書いた望遠レンズは70-180mmの望遠ズームレンズです。

【関連記事】SONY Eマウント用 TAMRON 70-180mm F2.8が最高すぎた。作例と使用レビュー

望遠単焦点レンズ

単焦点レンズは焦点距離が固定になっているレンズです。

そして、望遠単焦点レンズは長めの焦点距離でなおかつ焦点距離が固定のレンズであることを指します。

焦点距離が固定になっている分、F値が小さく明るいレンズが多いのが特徴で、望遠ズームレンズよりボケが大きくボケ感を生かした写真を撮ることができます。

望遠マクロレンズ

望遠マクロレンズは名前の通り、マクロ撮影ができる望遠レンズです。

小さいものでも大きく写すことが可能ですが、望遠レンズはブレやすく、さらにマクロ撮影もかなりぶれやすいので望遠マクロレンズでの撮影は非常にぶれやすいことが特徴です。

望遠レンズはおもしろい写真を撮ることができる。

望遠レンズには標準レンズや広角レンズにはないような独特なおもしろい写真が撮ることができます。

特徴を一つずつ解説していきます。

被写体を大きく写せる

東京,夜景,東京タワー望遠レンズの一番の魅力なところでもありますが、遠くにある被写体を大きく写すことができます。上空を飛んでいる鳥や飛行機、月やスポーツ選手など鮮明に写すことができるようになります。
広角レンズは標準レンズでは物理的に不可能なことなので望遠レンズの大きな特徴といえます。

ボケやすい

木,苔,玉ボケ,新緑

望遠レンズは焦点距離が長いため被写界深度が浅くなり、ボケ感を得やすいという特徴があります。ポートレート撮影や、花や小物の撮影でもあえて望遠で撮ることでボケの強い写真を撮ることもできます。

望遠単焦点レンズのF値の小さいレンズを使うことで、非常に強いボケ感の効いた写真を撮ることができます。

圧縮効果を得ることができる

東京タワー,夜景,望遠,ライトアップ圧縮効果とは、遠くにある被写体がまるで近くにあるように大きく見え、手前の被写体とのサイズがほとんど変わらない状態にあるように写ることです。
圧縮効果を駆使することで、実際には離れている撮影場所から被写体へのものの距離を短くみせたり、密度の少ないものを密集しているように写すことが可能です。

この圧縮効果は望遠レンズを使うことでより楽めるものなのでぜひ試してみてください。

 

望遠レンズを使った作例

新緑,ボケ,一眼,一眼レフ
浅草,浅草寺,圧縮効果
スカイツリー,東京スカイツリー,オリンピック
スカイツリー,夜景,東京スカイツリー
東京タワー,札の辻,夜景
 

最後に

今回は望遠レンズの魅力について紹介してみました。
いろいろなバリエーションで撮影できる魅力的なレンズなので気になっている方はチェックしてみてください。

僕はまだ望遠ズームレンズしかもっていませんが、望遠単焦点レンズが魅力的でさっそく調べちゃっています(笑)
記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
 
sponsored
最新情報をチェックしよう!