センサーサイズとは?フルサイズとAPS-Cを比較して解説します!

センサーサイズ,フルサイズ,APS-C


こんにちは! Nocchi(のっち)です。


カメラ選びしていると必ず出てくる言葉に「センサーサイズ」というものがあります。
今回はセンサーサイズをこちらもよく出てくる言葉、「フルサイズ」と「APS-C」を比較しながら解説していきます。


この記事を読んでカメラについて一層理解を深めていただけると嬉しいです!






センサーサイズとは

センサーサイズとは、カメラに内蔵されている「光を捕まえるセンサーの大きさ」のことを指します。
「カメラの目」とも呼ばれたりします。


このセンサーサイズにはいくつか大きさがわかれていて、大きければ大きいほど画質がよく、値段も高くなる。なんて言われていたりします。


今回はフルサイズ、APS-Cというセンサーサイズについて比較しながらセンサーサイズの役割を解説していきます。


カメラのレンズを取り外すとセンサーを確認することができます。
センサー,フルサイズ,APS-C,ミラーレス

レンズ部分の真ん中に位置する青緑色しているものがセンサーになります。


左のカメラがフルサイズのカメラ
右のカメラがAPS-Cのカメラ


写真からでもセンサーの大きさが異なることがわかるかと思います。


フルサイズとAPS-Cのサイズ比は下図になります。
この図も家電量販店やネットでカメラを見るときに必ずといっていいほど、でてくる表ですね。

センサーサイズ,フルサイズ,APS-C


センサーサイズによる違い

以下がセンサーサイズの大きさによって変わるものです。
意外と多いので一つずつチェックしていきましょう。


1.画角
2.ボケ量
3.諧調
4.暗所の撮影
5.サイズ・重さ
6.レンズ


1.画角

フルサイズは、APS-Cに比べてセンサーの面積が大きいため、より広い範囲が撮影可能となります。


フルサイズ
フルサイズ,広角,



APS-C
APS-C,アップ,寄れる

APS-Cは、フルサイズに比べて撮影できる範囲が狭くなりますが、被写体をより大きく写すことができます。


このときAPS-C焦点距離はフルサイズの焦点距離の約1.5倍相当になります。

焦点距離についてはこちら


2.ボケ量

同じ画角で撮影する場合、フルサイズはAPS-Cに比べてボケ量が多くなります。


同じ画角で被写体を撮った場合、フルサイズのほうが広く、APS-Cのほうが狭く写るというのは1.画角で説明しました。


同じ被写体を同じ大きさで写そうとすると、APS-Cほうがフルサイズよりも後ろに下がって撮影する必要があります。


つまり、同じ被写体を同じ画角で撮影したときに、フルサイズのほうがAPS-Cサイズよりも被写体に近付いて撮ることになりますよね?


その結果、フルサイズのほうがボケ量の多い写真を撮ることができます。
これは少し難しいので、こういうものって覚えておくのがいいかもしれませんね。


フルサイズ
フルサイズ,ボケ

APS-C
APS-C,ボケ


パッと見てわかりにくいかもしれませんが、人形の胴体を見るとフルサイズのほうがボケているのがわかります。



sponsored

3.諧調

諧調とは色のグラデーションのことを指します。

諧調,階調,グラデーション,夕焼け

センサーの大きいフルサイズは、APS-Cに比べて1画素あたりに受け取る光の量が多いため、夕景やグラデーションの明暗差が大きいシーンでも、白とびや黒つぶれを抑えて撮影することが可能です。

4.暗所の撮影

フルサイズは、APS-Cに比べてセンサーが大きいため、多くの光を取り込むことが可能です。


暗所でISOを高くした撮影でも、ノイズを抑えた写真を撮影できます。
東京駅,夜景,イルミネーション,ノイズ,ISO

夜景撮影時に特に力を発揮してくれます。

5.サイズ・重さ

フルサイズはセンサーが大きいため、APS-Cに比べてカメラ本体が大きく重くなります。


逆にAPS-Cはフルサイズに比べて軽くて、サイズも小さくてコンパクトになっています。
私も使っているSONY のα7シリーズはフルサイズですが、非常に軽くてコンパクトなカメラです。




sponsored

6.レンズ

フルサイズ,レンズ,軽い
フルサイズとAPS-Cでは、装着できるレンズが異なります。


カメラ本体と同様にAPS-C対応レンズよりもフルサイズ対応レンズの方が大きく・重くなっているものが多いです。


カメラをAPS-Cからフルサイズに変更したことでレンズが使えなくなってしまった!
なんてことがないようにカメラ、レンズ選びの際にしっかり注意しておきましょう。

最後に 

最後にAPS-Cとフルサイズの特徴をまとめます。

APS-C
・軽量・コンパクトで機動性が高い
・カメラもレンズもリーズナブルでとっつきやすい

フルサイズ
・広角に撮れる
・ボケ感が強い
・階調表現が豊か
・暗所に強い


簡単にまとめるとこんな感じです。
センサーサイズについて理解することで、カメラ、レンズ選びにも撮影時にも役立つと思いますので、ぜひこれを機に理解を深めていただけると嬉しいです(^^)


簡単に説明するつもりが長くなってしまいました。
ここまで読んでいただきありがとうございます。


今回は以上で。
では、また。


記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。



Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします!

シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿