撮りながら探す中目黒のフォトジェニックな撮影スポット

ちょっと前に中目黒に行ってきました。

中目黒といえば、芸能人の街としてのイメージや、目黒川の桜が綺麗と思ってしまいがちですが、実はじっくりと散策してみてると素敵なポイントがいくつもありました。

ただ外見がおしゃれなだけではなく、情緒に溢れた素敵な街であると感じましたね。

今回は以前購入して紹介したばかりのFUJIFILMのX-T4の練習も兼ねて、中目黒スナップをぱしゃぱしゃと撮ってきたので、撮り歩きながら気づいた中目黒の素敵な撮影スポットを作例を交えながら紹介していきます。

【関連記事】【作例あり】FUJIFILM X-T4を買いました。作例と使用感レビュー

中目黒の撮影スポット

それでは中目黒の撮影スポットを紹介していきます。

目黒川

まずはなんといってもここ。目黒川。

桜のイメージがやはり強いですが、夏も緑が映えて涼しげ。

 

 

春は大賑わいしているこの場所もシーズン以外だと閑散としていてのんびりと歩くことができる。

僕は全然知らないのですが、目黒川はドラマのロケ地としても使用されているらしいので、聖地巡礼として訪れる人もいるとか。

目黒川沿い

目黒川沿いを歩いていくだけでもフォトジェニックな光景が広がっている。

小洒落たカフェやアパレルショップと緑のバランスがなんとも言えなく、歩いているだけでも非常に楽しい。

 

 

このへんのオープンテラスのカフェでPC作業すると気持ちよさそうだなぁと思いながら、次々に写真を撮ってみた。

特に用事はないけど、ゆったりと散歩しながら考え事したり、友達や恋人とおしゃべりしながら歩くだけでもめちゃめちゃ楽しそう。

中目黒高架下

位置的には前後してしまうが、中目黒駅を降りるその瞬間からおしゃれ。

 

高架下ということで若干薄暗いが、その暗さがスタイリッシュ感を演出している。

カフェと併設している蔦屋書店もあり、散歩のついでにコーヒー片手に本読んだりPC作業したりリフレッシュすることができる。

 

 

 

 

ウォールアート

高架下にはウォールアートがあって、ついつい見入りながら歩いてしまう。

 

もちろん落書きではなく、Jenny Sharafさんによるアート作品。中目黒という街に非常にマッチしている上品な作品。

通りに出てみる

高架下を抜けるとまた世界観が変わったかのように都心のビル群が待っている。

 

さっきまで目黒川で緑で癒やされていたが、逆サイドでは都会感を味わえるためそのギャップも楽しむことができる。

裏路地に入ってみる

大通りから一つ路地に入ると今度はレトロな街並みに景色が変わる。

 

このレトロ感が写真欲を駆り立ててくる。たまらない。

都会と緑とレトロが調和されていることがこの街の魅力なんだろうなぁなんて思いながらひたすら撮っていく。

おまけ

他にも中目黒で撮ってきた写真をいくつか載せていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】【作例あり】FUJIFILM X-T4を買いました。作例と使用感レビュー

【関連記事】【作例あり】FUJIFILM X-T4で撮る夜の銀座

撮影機材

以前買ったX-T4とXF10-24mm F4の練習がてら中目黒を撮り歩いてみた。

今回はXF10-24mm F4はほぼテレ端側24mmの標準域と画角で撮影した。

最後に

今回は中目黒をゆらりゆらりと散歩しながら見つけたフォトジェニックな撮影ポイントを紹介してみた。

新しいカメラとレンズの練習中ということもあり、下手くそな写真をたくさん貼ってしまい申し訳ないです。

とりあえずたくさん撮ってどんどんアウトプットしていかないと上手くなっていかないと思っているので、見苦しくなければお付き合いください。

そういえば、最近ブログから僕のSNS(Twitter,Instagram)に飛んだのか、DMで感想をいただけることが増えてきた。

めちゃめちゃ嬉しいです。ありがとうございます。

いい感想だけでなく、悪い感想や意見、リクエスト等あったらじゃんじゃん送っていただけると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!