SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)で大迫力の東京夜景を撮影してきた

SHIBUYA SKYに撮影に行きました。SHIBUYA SKYとは2019年11月に開業した渋谷スクランブルスクエアにできた展望施設。

渋谷を上空からを撮影できるポイントはMAGNET CROSSING VIEW渋谷ヒカリエ等がありますが、これらは街並みを見下ろすほどの高さがなく、展望台というには少し寂しい感じでした。

ただ今回作られたSHIBUYA SKYは230メートルという圧倒的な高さで渋谷のみならず東京を一望できることが可能になります。

今回はSHIBUYA SKYを撮ってきた写真を交えながら紹介していきます。

 

 

SHIBUYA SKY

まずはSHIBUYA SKYから見える景色について紹介していきます。

 

東京タワーとビル群

SHIBUYA SKYからは東京タワーと煌めく東京の夜景を一望することができる。

周辺に高いビルがないため、見渡しがよく広く遠くまで見渡せることが魅力的だ。うっとりしてしまうほど美しい東京夜景。

三脚の持ち込みは禁止ですが、東側にはソファとテーブルが配置されており、テーブルに置いて長時間露光で撮影することが可能です。

写真の通り、車の光跡がレーザーとなっている写真も撮ることができる。

レーザーの撮り方はこちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】夜景撮影を一段とかっこよく! レーザービームの撮り方

 

渋谷ストリーム

Google社のロゴが美しい渋谷ストリームもさらに上の視点から眺めることも可能。

渋谷,ストリーム,google

渋谷ストリームの外観にGoogleのロゴがこれまたかっこいい。。

この場所にはテーブルがないため手持ちで撮影となる。

 

 

セルリアンタワーと渋谷フクラス

そして南側には渋谷スクランブルスクエアができるまで渋谷で最も高かったセルリアンタワーがある。

セルリアン,フクラス,渋谷


こちらも最近完成した渋谷フクラスと合わせて撮影。奥に見える東京のビル群も美しい。

ここも手持ち縦構図で撮影。

 

注意事項

この記事を見て撮影に行く方がいるかわかりませんが注意事項だけまとめておきます。

 

展望台に入るにはチケットが必要。
14階に当日券窓口がありますが、窓口よりweb購入のほうが200円安く購入できます。

  • 三脚禁止

さきほども少し書きましたが、三脚は禁止です。
それどころか首からさげられるカメラとスマートフォン以外は基本的に展望台に持ち込み禁止でロッカーに全て預ける必要があります。
リターン式ですが、ロッカーには100円が必要になります。

  • 冬はめちゃめちゃ寒い

私の行った時期が悪かったのですが、展望台は屋外なので冬に行くとめちゃめちゃ寒いです。
冬の澄んだ空気の中、東京の風景を楽しむことはできますが本当に冷えるので要注意です。

注意事項はざっとこんな感じです。行く際はお気をつけください。

 

最後に

今回は渋谷スクランブルスクエアの展望施設のSHIBUYA SKY(渋谷スカイ)について紹介してみました。

一面に広がる東京夜景は圧巻なので注意事項をチェックしてからぜひ行ってみてください。

そして、夜景はレタッチまでも楽しいので、撮影後はぜひレタッチをしてみてほしいところ。

レタッチ初挑戦の方でもわかりやすいように夜景のレタッチ手順を以下の記事でまとめているので、合わせて読んでみてください。

【関連記事】誰でもできる!簡単に無料でできる夜景レタッチ解説

記事を気に入っていただけましたら↓のシェアボタンからSNSでシェアをお願いいたします。

sponsored
最新情報をチェックしよう!