上野恩賜公園に撮影に行ってきた! 最高の写真練習スポットだった!

散歩がてらに上野恩賜公園に撮影に行ってきました。

たまには目的の被写体もなく、スナップ感覚で撮ってみようと思って行ってきました。

SNSやブログに載せることもあり、被写体に力があるものをついつい撮りがちになってしまうので今回のように、歩きながら被写体を探すってのもカメラが趣味であることの醍醐味ですよね、何気ない街並みから新たな発見ができます。

行ってきた感想としては、、上野公園って素敵ですね。あんまり行かないこともあって思い知らされました。。

 

 

上野恩賜公園

では、今回上野恩賜公園で撮った写真を紹介していきます。

 

不忍池

上野公園の中に不忍池(しのばずのいけ)という大きな池があって例年7月中旬から8月中旬頃にはたくさんの蓮が咲き誇ります。

全く蓮の時期ではなかったので跡形もないですが、水鳥がたくさんいたので鳥たちを撮ってみました。

水鳥,上野公園,不忍池
 
水鳥,上野公園,不忍池

今回はスナップ感覚なので写真の解説的な部分は内容薄めにさせてください。

弁天堂,上野公園,不忍池

不忍池の周りを歩いていると、小さい河津桜の木が一本だけ生えていたので、弁天堂の色味が好みで綺麗だったこともあり、弁天堂を主題に水鳥と桜を絡ませて撮影。

ようやくこの季節っぽいものが撮れた。

 

 

五條天神社

ここには不忍池とは打って変わって大きな河津桜が生えていました。

上野公園,桜,河津桜


ここは広角レンズで撮ってみました。

いつも標準レンズで撮影しているのですが、こういう被写体がひとつ大きなものの場合は広角レンズで撮るようにしています。

理由としては、単純に迫力が伝わりやすいからです。広角レンズの使い方として、開けた風景に使うものとして思われがちですが、開けた風景を広角レンズで撮るとべたっとした、ただ撮っただけの風景となってしまいがちです。

大きなひとつの被写体や、せまい空間などで撮るときに迫力を伝えることができるのでオススメです。

撮影機材

 

 

 

最後に

今回は上野公園に行ってきたわけなんですが、意外に広くて全体をまわれなかったです。。動物園も含めてきっとまだまだ素敵なものがあるんだろうなっと思いながら帰ってきました。

3月から4月にかけてはソメイヨシノが見ごろになるので、その時期にまた色んなものを撮影できたらなと思っています!

記事を気に入っていただけましたら↓のシェボタンからSNSでシェアをお願いいたします。

sponsored
最新情報をチェックしよう!