Lightroomを使った僕の写真編集のやり方を紹介します。

Lightroom,写真編集,photoshop


よく「写真の編集はどうしてますか?」、「ソフトは何をつかっていますか?」と質問をいただきます。


僕はAdobeのLightroomを使っています。



理由としては編集の自由度が高いことと、スマホでもPCでもクラウド上で同じ写真をどこでも編集することが可能だからですね。


今までもいくつか写真編集の解説記事を書いてきましたが、今回は僕がどんな写真編集の仕方をしているか説明していこうと思います。


少しでも参考になれば嬉しいです。


↓過去の写真編集の解説記事









僕なりの写真編集


まず編集よりも前に、撮影は必ずRAWで行う。
RAWファイルを編集することでノイズも現れにくくなり、色も綺麗に変更することが可能になります。


ぜひ撮影はRAWで撮るようにしてみてください。


RAWについてはこちら



それでは僕なりのLightroom写真編集術を解説していきます。


今回はこの写真を加工していきます。
ちょっと全体的に暗くて、色彩も薄いのでその部分を補いながら、ノスタルジックな写真に仕上げていこうと思います。
夕陽,夕焼け,東京,葛西臨海公園,ノスタルジック



ハイライトとシャドウ



編集,加工,レタッチ,RAW現像
まずハイライトを下げて、シャドウを上げます。


ハイライトを下げることで白とび部分をなくしていきます。
今回でいうと青とオレンジの境目の部分の光を抑えていきます。


シャドウを上げることで黒くて見えない部分、黒つぶれしている部分をグッと明るくしていきます。
これにより建造物よりも手前の道がうっすらと見えてきます。



露光量とコントラスト(白レベルと黒レベル)

編集,加工,レタッチ,RAW現像
次に露光量を上げていきます。


露光量は写真全体の明るさを変更できる項目で、好みの明るさに変えてあげます。
僕は少し明るめの写真が好きなので、気持ち明るめにします。


次にコントラストを上げていき全体的に引き締まった写真に仕上げていきます。


コントラストは画像の明るい部分と暗い部分の差のことで、コントラストを強くするほど、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くなります。



編集,加工,レタッチ,RAW現像
露光量とコントラストで空の青とオレンジの境目が明るくなってしまったので、白レベルをさげて、落ち着かせます。


白レベルは写真の最も明るい部分を中心に明るさを変更することができ、黒レベルは写真の最も暗い部分を中心に明るさを変更することができます。


今回は黒レベルはいじらずに次のステップにいきます。



sponsored

テクスチャ、明瞭度とかすみの除去


編集,加工,レタッチ,RAW現像
テクスチャとは質感の強弱をコントロールすることができる機能です。


テクスチャを上げるとメリハリのついたパキッとした写真に仕上げることも可能になります。
今回は、テクスチャを上げて人や建造物がグッと浮き出て来るような写真にします。



明瞭度とはエッジ(輪郭)部分を中心に明暗差をコントロールできる機能です。
明瞭度を上げて、少しエッジの効いた写真に仕上げていきます。。




編集,加工,レタッチ,RAW現像
かすみの除去は名前の通り、大気や光線によって靄(もや)がかかったような写真を、鮮やかで際立った写真に仕上げることができます。


かすみの除去をあげることでぼんやり感を取り除いて写真全体を引き締めていきます。
ちょっとずつ完成が見えてきましたね。


ノイズ軽減

編集,加工,レタッチ,RAW現像

テクスチャや明瞭度を上げることで、写真の質が硬くなってしまうこともありもともとノイズが乗っている場合は悪化してしまいます。


今回は暗い中で手持ちの撮影だったことからISOも高く、ノイズが乗っていました。


ノイズ軽減をすることでノイズがなくなり、写真からザラザラ感がなくなります。
Lightroomのこの機能は本当に優秀で、僕は個人的に好きです。


明るさや質の変更はこれまでで、次に色の調整をしていきます。

ホワイトバランス

編集,加工,レタッチ,RAW現像
赤枠のホワイトバランスを変えることで写真の温度感を調整することができます。


ちょっとノスタルジックに仕上げていきたいので、全体的に写真が紫色がかるようにしていきます。


色温度も温かいというよりも、気持ち冷たく寂しさを感じるように青っぽくしていきます。


ホワイトバランスについてはこちらの記事を参考にしてください。


彩度

最後に彩度を補正して、写真を仕上げていきます。
編集,加工,レタッチ,RAW現像

まずは全体の彩度を上げていきます。
ここでは写真がぐちゃぐちゃにならないよう少しずつバランス見て上げていきます。


これ以上全体の彩度をあげると、道や草むらの色味に違和感があるので、色別に彩度を変えていきます。


編集,加工,レタッチ,RAW現像
オレンジは少しだけ赤っぽい色に変えていきます。
また、オレンジの明るさを落とすことで、もやっとしていたオレンジの部分がグッと締まります。



編集,加工,レタッチ,RAW現像
青色はオレンジと対称になるように明るさと彩度をあわせます。

完成

夕陽,夕焼け,東京,葛西臨海公園,ノスタルジック
やっと完成です。



コントラストの効いたノスタルジックな写真に仕上がったと思います。


本来は円形フィルターや段階フィルターを使うこともあるのですが、今回は使わずに写真編集をしてみました。





sponsored

最後に

今回は僕なりの写真編集の仕方を説明してみました。


もちろんこれが正解ではないし、色んな写真編集の仕方があるからこそ写真は楽しいものだと思います。


この記事を参考にみなさんが自分なりの写真編集術を習得できれば嬉しいです。


ちなみに僕は↓の本でLightroomの勉強をしました。
ぜひチェックしてみてください。


記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。



Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします!

シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿