FUJIFILM Xマウントで使えるTAMRON(タムロン)のレンズ一覧と特徴

こんにちは、Noccchi(のっち)です。

これまではFUJIFILMのXマウントで使うことのできる他社製のレンズ、いわゆるサードパーティー製のレンズがあまり多くありませんでしたが、タムロンやSIGMAがXマウントの参入を決めてから一気に増え始めました。

Xマウントを使っている身からすると非常に嬉しい話です。

特にこれまでほとんどソニーのEマウント対応のレンズを多く開発していたタムロンが富士フイルムのXマウントにも参入した驚きは大きかったです。これからもタムロンからは続々とレンズが登場することでしょうから、目が離せません。

ということで今回はこれまでに発売されたTAMRON(タムロン)のレンズ一覧と特徴を紹介していきます。

 

 

タムロンがXマウントに参入した背景

以下の記事によれば、タムロンがXマウントに参入した理由としては以下のように書かれています。

Xマウントの富士フイルムさんとは事業所が同じ埼玉県さいたま市ということもあって仲良くさせていただいた経緯もあり、その中で、今回、Xマウントの仕様を公開していただけることになりました。これが当社の「できるだけ多くの方々に使っていただきたい」という考えに合致しましたので、この度Xマウントに参入させていただく運びとなりました。

SONYのシェアも大きいですが、FUJIFILMの十分に大きなシェアがあることからビジネス視点としても成立すると考えられてみたいです。

 

 

タムロンのXマウント対応レンズ一覧

今のところタムロンからはXマウント対応レンズとして2本のレンズが発売されています。

TAMRON 18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD (Model B061)

Xマウント対応の記念すべき一本目のレンズとして発売されたのが、TAMRON 18-300mm F/3.5-6.3です。

焦点距離18-300mm、フルサイズ換算で27mm-450mmの高倍率ズームレンズです。そのズーム比率は脅威の16.6倍です。

まさにこれ一本あれば十分のレンズで、風景、スナップ、ポートレート、テーブルフォト等などなんでも撮れるレンズとなっています。

さらにタムロン独自のリニアモーターフォーカス機構であるVXDを使っていることから最高レベルのAF速度、精度、応答性を兼ね備えています。

高倍率ズームレンズでありながら最大撮影倍率1:2という近接撮影能力を誇ります。

 

 

TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)

次に2022年の7月8日に発売されたばかりのTAMRON 17-70mm F/2.8です。

先ほどのレンズに比べズーム比率は4.1倍と物足りないと感じてしまうかもしれませんが、焦点距離17-70mm、フルサイズ換算25.5-105mmは十分なズーム比率です。

このレンズはF2.8通しという所謂大三元レンズのため、ズームレンズでありながら明るくボケ感のある写真を撮ることができます。

レンズ構成は12群16枚で2枚のガラスモールド非球面レンズと1枚の複合非球面レンズと贅沢なレンズ構成をしているため、非常に解像します。

さらにはステッピングモーターRXDの搭載、フォーカスブリージングの軽減などの動画撮影にも嬉しい設計となっています。

最短撮影距離0.19mを実現しているためハーフマクロとしても使えるため、様々なシチュエーションにおいて高い描写性能を発揮する万能なズームレンズです。

 

 

購入前に使ってみたいという方にはレンタルがおすすめ

気になるカメラはあるけどいきなり大金を払って購入するのは気が引けるという方にはカメラレンタルサービスがおすすめです。

その中で特におすすめなのが「GooPass」というサービスです。「GooPass」は一生分の機材を”今”手に入れる
をコンセプトに自分の好みに入れ替えて組み合わせられる。月額制カメラ機材の入れ替え放題サービスです。

購入のハードルが高いという方は「GooPass」を使って気になるレンズをたくさん使いましょう。

 

 

 

最後に

今回はFUJIFILM Xマウントで使えるTAMRON(タムロン)のレンズ一覧と特徴について紹介してみました。

純正レンズは高くて気軽に買えないという方はぜひタムロンのレンズも検討してみてください。

sponsored