写真をSFのサイバーパンク風に レタッチ(写真加工)術を解説します

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

最近SNSを見ているとSFのようなサイバーパンク風に仕上がった写真をよく見ますよね。

僕も「ブレードランナー」が好きでよく見ていたのでサイバーパンク風の写真も結構好みで色んな方の写真を楽しませてもらっています。

僕と同じようにサイバーパンクの雰囲気が好きという方もいると思うので、今回はサイバーパンク風に仕上げるレタッチ術を解説していきます。

 

 

サイバーパンクとは

サイバーパンクとは80年代に流行したSFのジャンルの一つです。

ネオンサインや広告やキラキラに輝いた高層ビル群などを近未来感漂う雰囲気になります。日本のアニメや映画でもサイバーパンクは人気のテーマでもあり、海外からも評価されてもいます。

 

サイバーパンク風写真レタッチ術

それでは自分の写真を使ってサイバーパンク風の写真を目指していきましょう。

現像ソフトはAdobeのLightroomを使って進めていきますが、他の現像ソフトでも近しい機能があると思うのでどの現像ソフトでも再現できると思います。

まだ現像ソフトをお持ちでない方は以下の記事でLightroomの使い方をまとめているので参照してください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。みなさんは撮ったあとの写真はどうしていますか?中には撮って満足してしまっている方もいるのではないかと思います。せっかく撮った大事な写真なので現像して撮った写真に磨きをかけてみませんか?とい[…]

 

題材写真

今回題材として用いる写真はこちらの新宿歌舞伎町。既に適正露出に補正した状態となります。

夜のギラギラとした雰囲気と輝くネオンはサイバーパンクにぴったり。雨だとより雰囲気が出ていいかもしれません。

夜景の基本レタッチ解説については以下の記事で解説しているので、夜景レタッチの基礎的なやり方を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。みなさんはレタッチしていますか?僕はがっつりレタッチするタイプなのですが、中には明るさだけ変えて色味等は特に変えない方もいるかと思います。そして中には写真編集やレタッチしてみたいけど、そも[…]

 

露出

まずは露出補正から

露出は以下のように全体のトーンは暗めかつコントラストを強めにしています。

暗めにするのは後ほどトーンを上げるある秘策を使うためここでは暗めにしておきます。

夜景では本来ハイライトを下げる傾向にあるのですが、サイバーパンクはネオンを強調させたいためハイライトをあえて強めます。

 

効果(雰囲気、質感)

次にLightroomでは効果のカテゴリーに入る写真の雰囲気や質感を作る項目をいじっていきます。

まずは明瞭度を上げて夜の街の雰囲気をカリッとして多少ギラつかせます。

次に大きなポイントしてかすみの除去をマイナス方向に振っていきます。かすみの除去は本来靄や霞を消すためにコントラストを強める機能ですが、マイナス方法に振ると逆に多少もやります。

これによりネオンのライトがふわっと光り、さらに全体のトーンも上がります。

 

色温度と色被り補正

ここからはグッとサイバーパンクの雰囲気を出していくために色作りをしていきます。

まずは色温度と色被り補正を使って全体の色味をほんのり作っていきます。色温度(ホワイトバランス)を若干青寄りに、色被り補正をマゼンダ寄りにしていきます。

後ほど色調補正やカラーグレーディングを使って細かく調整するので、色温度と色被り補正では少しだけ補正することを意識しましょう。いやらしくない程度に変更させましょう。

 

色調補正

今回のサイバーパンク風レタッチは色別補正機能を使って色を細かく作りこんでいきます。

少し多いですが、代表的な色である赤色、緑色、水色(アクア)、青色、紫色についてそれぞれ解説していきます。

赤色

赤色は残しておくとかなりインパクトがあり、自然と目がいってしまうため赤→紫に変更していきます。

インパクトのある赤を紫に寄せることで一気にサイバーパンクの雰囲気に近づきます。また輝度を上げてネオンの明かりを少しだけ増します。

 

緑色

今回は占める割合の少なく、右下に少しだけある緑ですが水色(アクア)に寄せます。

またネオンの緑は少し目立つので彩度を下げることで主張させないようにしておきます。

 

水色(アクア)

水色(アクア)は好みによって変えてもいいかもしれないですが、僕は緑にちかい水色よりは青に近い水色のほうが好みであるため青に寄せていきます。

水色(アクア)は青色と合わせて調整していくのがいいかもしれません。

 

青色

そして大部分を占める青色

青色を水色(アクア)に寄せるとさらにサイバーパンクの雰囲気が増します。

 

紫色

最後に紫

紫はピンクに寄せていくことで、紫が派手により目立つようになります。

サイバーパンクの紫やピンクの主張が激しいほうが好きな場合はここで彩度をあげるとより雰囲気が増します。

 

カラーグレーディングで仕上げ

これで完成でも良いのですが、最後にカラーグレーディングを使って仕上げをしていきます。

個人的には紫と水色のバランスを合わせていきたいので、中間調とシャドウに紫を入れていき、ハイライトに水色を入れていきます。

カラーグレーディングを使うことで色のない道路や壁にもうっすらと色被りをさせていくことができるため、より雰囲気を出すことが可能になります。

カラーグレーディングとは?という方は以下の記事で解説しているので参照してみてください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。先日、僕も使っている写真編集ソフトのAdobe Lightroomがデスクトップ版 4.0、iOS 版 6.0、Android 版 6.0にバージョンアップされました。その中でも、今回のバージ[…]

 

完成

これにてサイバーパンク風の写真が完成です。

 

 

 

レタッチ前後比較

左がレタッチ前、右がレタッチ後。真ん中のスライダーを左右に振ることで隅まで加工前後の比較をすることができます。

 

最後に

今回は最近人気のサイバーパンク風のレタッチ解説をしてみました。

サイバーパンク風の雰囲気に仕上げたいという方はぜひこの記事を読みながらレタッチしてみてください。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
sponsored