【作例あり】ソニーEマウント用 TAMRON 28-75mm F2.8 Di III RXD レビュー

これは神レンズ。

TAMRONから発売されているSONY Eマウント用のレンズであるTAMRON 28-75mm F2.8 Di III RXD。

僕はα7Ⅲで写真を撮るときはほとんどこのレンズを使うのだが、かなり使いやすく、レンズとしてのクオリティもとても高いように感じる。

今回は魅力あふれるこのレンズについて気に入ってる点や、作例を交えながらレビューしていきます。

 

TAMRON(タムロン) 28-75mm F2.8 Di III RXD

SONYミラーレス一眼Eマウント用のレンズでフルサイズ対応のモデル。焦点距離28mmから75mmまでの標準ズームレンズの類だ。

その中でもF2.8通しという、いわゆる大三元レンズというものに属する。

TAMRON 28-75mm F2.8のスペック

まずTAMRON 28-75mm F2.8のスペックを見ていきましょう。

価格約85,000円
焦点距離28-75mm
F値F2.8~
最短焦点距離ワイド端:0.19m テレ端:0.39m
絞り羽根9枚
フィルター径67mm
手振れ補正×
長さ117.8mm
重さ550g

目を見張るポイントはやはり28-75mmの標準域という使いやすい画角でズームができること、そしてF2.8通しであるということ。

このスペックで重さ550gという軽さで持ち運ぶことができるレンズでもある。

そして地味に嬉しいのが、フィルター径が67mmであるということ。TAMRONからSONYのEマウント用に他にも17-28mmの広角レンズ、70-180mmの望遠レンズにもレンズを作っているが、どのレンズもフィルター径は67mmである。

同じフィルター径ということでPLフィルターやNDフィルターも使い回せる。これも嬉しいところ。

【関連記事】SONY Eマウント用 TAMRON 70-180mm F2.8が最高すぎた。作例と使用レビュー

TAMRON 28-75mm F2.8の外観

次に外観をチェック。

TAMRONらしいマットな質感でサラサラとしていて触り心地がいい。

レンズについているのはピントリングとズームリング。

TAMRONのレンズはピントリングとズームリングの位置がSONY純正のレンズとは逆に配置されているため、ここは慣れが必要。ちなみに僕は2、3回使ったらすぐに慣れたのでそんなに気になるところでもないと思います。

持ってみても軽すぎず重すぎず適度な重さ。ただこのスペックで550gは本当に軽い。

ズームリングをまわすと筒がぐぐぐっと伸びます。(インナーズームがよかったなぁ)

筒が伸びてもおもちゃ感が出ない高級感のある見た目はとても好み。ズームリングもピントリングはまわすとぬるっと動くので、微調整がしやすくピント合わせもしやすい。

TAMRON 17-28mm F2.8、TAMRON 70-180mm F2.8と比較

左からTAMRON 17-28mm F2.8(広角)、TAMRON 28-75mm F2.8(標準)、TAMRON 70-180mm F2.8(望遠)

他のTAMRON製の大三元レンズとサイズ感を比較するとこんな感じ。広角レンズよりも長いながらも直径はほぼ同じため、TAMRON 28-75mm F2.8のほうがスマートな見た目。

SONY α7Ⅲに装着

α7Ⅲに装着するとこんな感じ。ちょっとレンズが大きんじゃ?と思うかもしれませんが、大三元のズームレンズと考えるとむしろ少しコンパクトなサイズ。

α7Ⅲが565g。レンズが550gで約1.1kg。持ってみるとカメラとレンズのバランスも適度でちょうどいい。

TAMRON 28-75mm F2.8のいいところ

それではTAMRON 28-75mm F2.8を使っていて、いいと思った点を紹介していきます。

バランスが絶妙

これに尽きるんですが、まぁバランスがいい。

レンズの重さも軽すぎず、重すぎず。写りもSONY純正のGMレンズと言われる最高峰のレンズほどの描写力まではないが、キリッと写る。

標準域ということもあるし、レンズも軽いほうなので様々なシチェーションで万能に使えるのがこのレンズの魅力。

コスパがめちゃめちゃいい

SONYの純正である大三元レンズ SONY FE 24-70mm F2.8 GM (SEL2470GM)だと価格は20万円以上するんですよ。

ほぼ同じ焦点距離の同じくF2.8通しのレンズであるにもかかわらず、TAMRONは85,000円ほど。

もちろんSONY FE 24-70mm F2.8 GM (SEL2470GM)のほうが優れている点もあるが、このスペックで85,000円はかなり安い。

 

TAMRON 28-75mm F2.8の作例

今までこのレンズで撮った作例をいくつか紹介していきます。

 

SONY純正のレンズは結構こってりとした描写なものが多いですが、このレンズは少ししっとりとしていてあんまりクセのない写りをする。

僕はゴリゴリレタッチするのでクセの少ない写りはありがたい。

 

絞り開放(F2.8)の写真。ボケ感も申し分ない。

F10に絞って撮影。描写、解像度ともに十分。

AFも普通に早い。GMレンズほどの早さはないが、ストレスを感じることのない早さを備えている。

 

 

 

絞り羽根9枚ということもあり、玉ボケも綺麗な円の形をしてる。ちょっと甘いレンズだと玉ボケがレモンのような楕円形になってしまいます。

開放で撮ると周辺減光が発生するが、Lightroom等の現像ソフトで補正もできるし、僕はよくあえて周辺減光させて表現もするのでこれはさほど気にならない。

【関連記事】周辺減光とは? 写真の四隅が暗くなることありませんか?

 

明るいレンズのため手持ち夜景も余裕で撮れる。

 

これは神レンズだ。

これは神レンズだ。と僕は言い続けています。

描写力とAFの優秀さ、F2.8通しという明るさも兼ね備えているため、どんなシチュエーションでも使うことができる。

この使い勝手のよさに加えて、さらに軽い。そして安い。ちょっと出掛けたいときでも、旅行でもこれ一本持っておけば間違いない。

これからSONYのミラーレスカメラを買おうと思っている方には、必ずこのレンズを勧めているくらいにこのレンズは神レンズ。

最後に

今回はTAMRON 28-75mm F2.8 Di III RXDをレビューしてみた。

いい点や気に入ってる点はたくさんあるが、気になる点や悪い点は見つからない。

僕はきっとGMの大三元レンズを買わず、このレンズを極めていくだろう。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
 
最新情報をチェックしよう!