marutsubame -『フォトグラファーを紹介します。』-

「もっと写真の魅力を伝えたい」と思い、フォトグラファー様の写真と活動を紹介していくこのコンテンツ。

フォトグラファー様の愛用カメラ、レンズだけでなく、撮影時に大事にしていることも紹介していきます。

今回はmarutsubameさんを紹介します。

 

 

marutsubame  /  飯島 徹 

 

marutsubame,写真家,フォトグラファー,カメラマン
 
 
名前:marutsubame  /  飯島 徹 
WEB:marutsubame
● Instagram:@marutsubame
 

撮影機材

 
カメラ:
・SONY α7RIII

 
・Inspire 2

 
・MAVIC2

 
レンズ:SONY FE 70-200mm F2.8 GM
 

人生のベスト3ショットとこだわり

 

振袖,長靴,成人式
 
振袖 長靴 成人式
こちらの写真は『2019 アサヒカメラx東京カメラ部 日本の47枚』と『2020 Sony World Photography Awards』のアワードいただいた、新成人のドローン空撮になります。
この写真は2019年の1月に東北 / 北陸を中心に冬の日本風景を空撮するという長期ロケ移動中に、新潟で出会った新成人の振袖前撮りをしているカップルに偶然出会い、顔を映らない事を条件に撮影をお願いした写真になります。
空撮にて撮影する為に、美しい雪の足跡を表現できる場所と光や角度にこだわり撮影しました。
私の好きな建築家にMies van der Roheが残した 好きな言葉があります 『 Less is more 』 ”無駄なものを削ぎ落としたデザインは、豊かなデザインにつながる”  という言葉があり、建築とデザインを学んでいた学生時代に この思想に強く感化されました。
これを日本の和の色となる色彩で表現できた美しすぎる奇跡に、ドローンを飛ばす空撮中に震え立ったことを今でも覚えています。
帰りの車の中で、この撮影に擬えて一つの詩を書き留めました。
 
今日は成人式
白雪キャンバス足跡に フリソデ 長靴 進めよハタチ!
第2グラウンドの脇に車を停め
文化会館まで真っさら雪の上を歩く。
空気を読まず、大胆に、劇的に 長靴で突き進め。新成人!
粉雪 散らつく大空で 俺達は待っている。
 
この詩の中には、新成人が大胆に大きく羽ばたいていってほしいという願いと、吹き荒ぶ世の中という荒波を、大空にある粉雪にかけて、上から『俺たちは待っている』と空撮しているドローンの視点が大人になった親鳥のような先輩として見守っているという構図にしました。
これによって新成人が まっさらなホワイトキャンバスに、大人になっても空気を読まず思いのままに力強く突き進んでいって欲しいという願いを込めました。
 
 
伊根,京都,船伊根 京都
過去に東京カメラ部の日本の47枚に選ばれた写真に伊根の舟屋という作品があり、それを撮影したシンゴカメラさん (@shingo_camera) に影響を受け、いつか自分んも日本の47枚に選ばれる事を誓った、自分にとっては思いが強い伊根の桜を撮影した作品になります。
これを撮った年に、ようやく日本の47枚に選ばれ本当に本当に嬉しかったことを今でも覚えています。
被写体の伊根の舟屋は、そう言った意味で感慨深いきっかけを作ってくれた場所です。
 
 
日光,いろは坂,紅葉
 
日光いろは坂
私の地元である栃木には、空撮で有名な日光いろは坂という葛折りの峠道があります。この峠道は10月末に色鮮やかで美しい紅葉の日本有数の峠道に様変わりします。
このいろは坂は真俯瞰撮影で撮影する方法がドローンでは一般的でとても美しいのですが、その安易なドローンの撮影手法をする事なく ドローンでしか撮影することが出来ない構図で撮影するべく、秋が始まる前からリハーサルを何度も重ね 朝光の角度から調べ上げて構図作りを徹底的に探し出して撮影した写真になります。
何度も足繁く通ったのでなかなか時間がかかりましたが、おかげで東武日光のいろは坂の公式の広告として何度も使われる事になりました。
私にとっては初の大仕事であったぶん、強い思いの写真でもあります。
 
※上記3枚の写真使用を希望の方は、marutsubameさんにご相談ください。
 

写真を撮る時に大事にしていること

上の本文でもあるように、無駄なものを削ぎ落として 主題となる被写体の濃度を上げて撮影する事と、撮影した写真がすぐに商品化出来るかどうかを常に考えながら撮影しています。
大事にしていることは上記の二つを合わせた、見た人の記憶に残る写真を作り出したいという気持ちを大切にしています。 
 

フォトグラファーを募集します

あなたの写真と活動を公開してみませんか?

『フォトグラファーを紹介します。』では、皆さんからの写真と活動を募集します!

 
最新情報をチェックしよう!