渋谷周辺の撮影スポット14選と撮影テクニック 定番から穴場まで紹介

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

東京といえば渋谷と思いつく方も多いかと思います。そんな有名観光スポットでもある渋谷は撮影スポットも非常に多くあります。

観光がてらに撮影するもよし、写真の練習として行くもよし。

今回は僕が選ぶ渋谷の撮影スポット14選とそれぞれの撮影テクニックについて紹介していきます。

定番スポットから人気の少ない穴場スポットも紹介するので、ぜひ最後まで読んでいってください。

 

 

渋谷周辺の撮影スポットまとめ

渋谷の撮影スポットは多いゆえに同じエリアと思えないくらいに場所がバラバラです。

また駅やビルの構造が複雑なところが多いので、位置関係や周る順番を事前に準備してから撮影していくことをおすすめします。

それでは撮影スポットをちょっとしたテクニックやコツなんかを交えて紹介していきます。

 

渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)

渋谷の展望台といえばここ、渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKY(渋谷スカイ)

高さ230メートルの高さから渋谷のみならず東京を一望できる展望施設となっています。

東京を夜景を撮りたいならまずはここから撮影するのがいいでしょう。ギラギラとした東京夜景と東京タワーが待ち構えています。

展望台はガラス窓で覆われていることもあり、写真に映り込みが発生してしまいます。レンズをガラスにぴったりとつける、忍者レフを使うなどして映り込み対策をしておくとクリアな夜景を撮ることができます。

展望台に行くにつき、注意事項が色々とあるので事前にHPをチェックして、前もってチケットを購入しておくことをおすすめします。

SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)については以前に撮影記という形で記事を書いているので合わせてご覧ください。

関連記事

SHIBUYA SKYに撮影に行きました。SHIBUYA SKYとは2019年11月に開業した渋谷スクランブルスクエアにできた展望施設。渋谷を上空からを撮影できるポイントはMAGNET CROSSING VIEWや渋谷ヒカリエ等がありま[…]

 

渋谷ストリーム/SHIBUYA STREAM

 

アーティスティックな建造物である渋谷ストリームもおもしろい撮影スポット

独特な色や形をしているエスカレーターや階段を生かして、スナップだけでなくポートレート撮影にも使われていることが多い場所です。

夜になると階段がイルミネーションのように光の演出を始めるのでおもしろい写真が撮れることでしょう。

渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKYのほうが有名で撮影しやすいですが、ちょっと変わった写真を撮りたいという方は渋谷ストリームにも足を運んでみてください。

施設内も季節ごとに装飾が変わったりするのでおもしろいですよ。

 

渋谷ヒカリエ スカイロビー

渋谷ヒカリエの11階にはスカイロビーと呼ばれる無料の展望施設があります。

スカイロビーからは渋谷109やスクランブル交差点などの渋谷の中央部分を見ることができます。

手前側に線路が見えますが、山手線、埼京線、湘南新宿ラインなど様々な電車を撮ることができる、撮り鉄スポットだったりもします。

また渋谷方面だけでなく、新宿方面も見られるようになっているので、新宿の高層ビル群や東京都庁なんかも拝むことができ、様々な構図を撮ることができるスポットとなっています。

 

渋谷センター街

渋谷といえば渋谷センター街をイメージする方も多いことでしょう。

大勢の人の流れやキラキラとした街が並ぶこの通りはスナップ撮影にもってこいです。個人的にはギラギラとした街の雰囲気を撮影するのが好みです。

望遠レンズを使って圧縮効果を用いることで人と看板の密集感を感じさせる写真が撮ることもできます。

スナップ撮影の際はトラブルにならないよう、あまり人の顔にカメラを向けないなどの注意を払いながら撮影しましょう。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。SNSや写真ブログ等で「圧縮効果」という言葉を聞いたことないでしょうか。遠くにある被写体を写すのに用いられることが多い望遠レンズですが、実は遠くの被写体を写すこと以外の使われ方もします。それは[…]

 

渋谷スクランブル交差点

スクランブル交差点も忘れてはいけません。

土日になるとごった返しになってしまう場所ですが、平日では非常に撮影しやすいスポット。

中々アイディアが思いつきにくく難しい撮影スポットですが、ローアングルで撮ることで人の流れを強調することができます。

若干シャッタスピードを遅めにして人をあえてブラして撮るとより躍動感がでます。

ローアングルで撮るときは通行人に蹴られないように注意してください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。カメラを始めたての人で目線と同じ高さでついつい撮影してしまう人も結構いるのではないでしょうか。目に入ったものに対してカメラを構えてシャッターを切る。それでもいいのですが、せっかくならカメラの角[…]

後半は次のページに続きます。

 

sponsored