ローアングルで撮る世界観

カメラを始めたての人で目線と同じ高さでついつい撮影してしまう人も結構いるのではないでしょうか。
実はちょっとカメラの位置を変えてみるだけで、写真の印象ががらっと変わってきます。今回は、ローアングルでの撮影について解説していきます。
 
 

ローアングル

ご存知だとは思いますが、ローアングルはカメラを下に構え、被写体を見上げるように写す撮影方法のことをいいます。
鹿,イルミネーション,クリスマス
 日々生きている中で、床や地面のすれすれからモノを見上げることってないと思うんですよ。ローアングルで撮影することで、日頃見ることができない非日常的な景色を撮ることができるんです。
この写真もあたかも虫になったかのような角度で鹿のオブジェの存在感を堪能することができます。
有楽町,東京国際フォーラム,国際フォーラム
 例えば、東京国際フォーラムの写真も下から見上げるように撮影することで、内部全体も見渡すこともでき、写真に迫力を生むことができます。
特に施設内の天井部分もじっくり見ることもすくないと思うので、そこを切り取るだけでちょっとだけおもしろい写真になります。
下から見上げることで、通常の目線よりも大きく見えるのはカメラから見ても同じです。その分ローアングルで撮影することにより写真に迫力がでてきます。
 

例えば東京タワーや東京スカイツリーなどのランドマーク的な施設の迫力を撮るなら、下から見上げるように撮ることで迫力もでてきます。

それが夜の場合は、まわりが暗くなりライトアップされたスカイツリーに自然と目がいくことで写真を見る側にも迫力を伝えられるので非常に効果的です。

 

 

広角レンズとローアングル

 

枝垂れ桜,桜,撮り方
 広角レンズを使ってローアングルで撮影することで、スケールが大きい写真になることもあるのですが、そこにちょっとした非日常感も演出することができます。
標準域のレンズで撮る写真よりも構図内の情報が多くなるので、ごちゃごちゃとした写真にもなりかねないのですが、そのごちゃつきをうまくまとめることで表現できるとそれが迫力へと変わります。
広角レンズでローアングルから撮影することで新鮮味をもたすことができます。

広角レンズについてはこちらの記事を参考にしてください。

 

最後に

今回はローアングルの撮影方法について解説してみました。
写真に、迫力を出したい、躍動感を出したい、建造物の高さを伝えたい、新鮮味を出したいと思ったらローアングルの撮影を試してみてください。
僕も個人的にローアングル撮影は多用して写真に迫力をもたすことが多いです。さらに広角レンズを持っている方はさらに迫力が出るのでぜひローアングルでの撮影をしてみてください。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
sponsored
最新情報をチェックしよう!