ハイアングルで撮る写真

カメラを始めたての人で目線と同じ高さでついつい撮影してしまう人も結構いるのではないでしょうか。

実はちょっとカメラの位置を変えてみるだけで、写真の印象ががらっと変わるんですよ。

今回は、前回のローアングルに引き続き、ハイアングルでの撮影について解説していきます。ハイアングルで撮る写真はどんな効果でどんな写真を撮ることができるか理解していただければと思います。

 

ローアングルについてはこちら


ハイアングル

 ご存知かと思いますが、ハイアングルは高い位置から被写体を見下ろすように撮影することを言います。
ハイアングルから撮影することで、全体を見下ろすことができるため、俯瞰した写真を撮ることが可能になります。その空間にものがどのように配置されているのか、写真を見ただけですぐにわかることができます。
テーブルフォト,撮り方,ドライフラワー,小物
↑のように真上から撮ることで被写体とそのまわりにあるものを全体的に撮ることができます。
料理やテーブルフォト等の全体的に構図に収めたいときに有効な手法です。
ハイアングル,ひまわり,ひまわり畑,夏
背の高いひまわりもハイアングルで撮影することで、ひまわり畑全体を構図に入れることができます。
遠くの方までひまわりがぎっしりと咲いているのが伝わりますね。密集地帯で俯瞰して撮りたい場合にも非常に有効です。
渋谷,夜景,展望台
また、街並みや建築物をハイアングルで撮ることで客観的に街並みを撮ることができます。
渋谷のビル群はもちろん、車や人の歩いている様子が俯瞰して楽しむ写真になります。日頃の目線の高さでは見ることのできない光景ということもあり、新鮮味のあるおもしろい写真を撮ることが可能になります。
 

広角レンズとハイアングル

 
東京駅,丸の内,東京,夜景
広角レンズを使ってハイアングルで撮影することで、写真に迫力をプラスすることが可能になります。
広角レンズにした分、標準域の写真よりも全体を構図に収めることができるので情報量が多い分、迫力がでます。
自然の広る風景よりも、都会のごちゃごちゃした密度の高い風景を広角で撮ることで一枚の写真の中でも長く楽しめることができます。
 
広角レンズについてはこちらの記事を参考にしてください。


 

最後に

今回はハイアングルの撮影方法について解説してみました。
ハイアングルで得られる客観性は、その写真における被写体の説明をしてくれます。まずは撮影場所にたどり着いたら、その場所の情報を記録するためにもハイアングルで一枚撮ってみるといいです。
また、街並みなどは広角レンズと組み合わせることで、街の広大さを表現することが可能です。ぜひ広角レンズをつけてハイアングルで街並みを撮ってみてください!

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
sponsored
最新情報をチェックしよう!