誰でもできる!簡単に無料でできる夜景レタッチ解説

みなさんはレタッチしていますか?

僕はがっつりレタッチするタイプなのですが、中には明るさだけ変えて色味等は特に変えない方もいるかと思います。

そして中には写真編集やレタッチしてみたいけど、そもそもやり方がわからないとかPhotoshopやLightroomの使い方がわからないという方もそれなりにいるんじゃないかと思います。

私は基本的にAdobeのLightroomでレタッチを行っていますが、今回はLightroom特有のレタッチ機能は使わずに、レタッチ解説をしていくので、みなさんがお使いの写真編集ソフトで同じようにレタッチしていただければと思います。

特別なことは解説せずレタッチの基本的な流れを紹介していきますので、ぜひこの記事を見ながら一緒にレタッチしていきましょう。

 

簡単に無料でできる写真編集

今ではスマホアプリ版のLightroom等が用意されていて一部の機能であれば無料で使えたりするので、誰でも気軽に写真編集ができるようになったので、この記事を少しでも参考にしていただけたらと思います。

今回は夜景写真を使った簡単レタッチ術を解説していきます。

レタッチ題材

夜景,東京,KITTE

今回の題材はこちらのKITTEから撮影した東京駅の夜景写真を使います。よく見る定番構図ですね。

似たような写真をお持ちでなければこの写真を保存して編集しちゃってOKです!

一応撮影した時の設定値も載せておくので、こちらも参考にしてください。

F値:13
シャッタースピード:30秒
ISO:50
ホワイトバランス:オート

そして、撮影する場合は、必ずRAW形式で撮影するようにしてください。

RAWで撮影すると、jpgよりも明るさや色味の変更する際に綺麗に仕上げることができます。

それではレタッチ解説を始めていきます。

ハイライトを下げ、シャドウを上げる

RAW現像,レタッチ,写真編集

まずはじめに赤枠部分のハイライトを下げて、シャドウを上げます。

ハイライトは光っている部分の光の輝きをコントロールすることができる機能で、白飛びしている箇所を抑えることも可能です。

特に夜景は目立つ白飛びがあると台無しになってしまうので、がっつり-100まで下げていきます。

これにより東京駅のオレンジ色の光とビル群の光が落ち着くのがわかるかと思います。

シャドウは暗くて黒っぽくなっている影の部分をぐっと明るくすることができる機能で、シャドウをあげることで暗くて見えなかった空と雲が浮きあがあってきます。

シャドウもわかりやすく+100まであげていきます。

露光量とコントラストを補正する

編集,加工,写真

次に赤枠の露光量とコントラストで写真全体の明るさのバランスをとっていきます。まず先に露光量で上げることで写真全体を明るくしていきます。

個人的に夜景は肉眼で見るより少し明るいくらいが好きなので、+143まであげます。露光量をあげて全体的に明るくなることで写真が華やかになっていきますね。

そして、コントラストで写真の締まり具合を調整します。コントラストは画像の明るい部分と暗い部分の差のことで、コントラストを強くするほど、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くなります。

コントラストを上げることで全体的に引き締まった写真に仕上げていきます。

花や自然風景はコントラストを弱くして優しい雰囲気に、夜景はコントラストを強くすることでかっこよく仕上げることがポイントです。

ホワイトバランスで一工夫

adobe,lightroom,夜景

赤枠のホワイトバランスを変えることで写真の色の温度感を調整することができます。夜景は少し青よりに傾けることで夜景らしくかっこよく仕上げることができます。

逆にホワイトバランスを黄色側に傾けるとどこか懐かしい、温かい優しい雰囲気をもたすことができるのでぜひ覚えておいてください。

ホワイトバランスは不自然にならない程度に変えるのがポイントです。

彩度を上げて鮮明な仕上がりにする

レタッチ,夜景,加工

最後に写真全体の彩度を上げることで発色を強くしていきます。
実はここがカメラ初心者の方が罠に陥りやすいところで、むやみやたらに彩度をあげちゃってぐちゃぐちゃな写真になってしまいがちです。
彩度はホワイトバランスと同様に不自然にならない程度に上げすぎずに少しだけあげるのがポイントです。
基本的なレタッチはこれで完了です。たったこれだけの手順になります。

完成

夜景,東京,KITTE
 
レタッチ前後比較
たったこれだけの手順で完成です。
レタッチ前と比較しても簡単に綺麗に仕上がったんじゃないかなと思います。
 

最後に

レタッチは難しいと思われがちですが、やってみて感覚を掴めばそんなに難しいものではありません。
今回紹介した手順は無料の写真編集ツールでも十分にできるレタッチなのでみなさんぜひチャレンジしてみてください!
今回の記事について不明点やリクエスト等あればコメント欄やTwitter、Instagramでもメッセージいただければと思います。
記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。
僕が写真編集の勉強で使った本をいくつか紹介しますので、ぜひチェックしてみてください!

 

 
最新情報をチェックしよう!