田町・三田周辺の撮影スポットまとめ 東京タワーや新幹線を撮れる場所

こんにちは。Nocchi(のっち)です。

ビルや街が広がっている田町。平日の朝ともなると多くのサラリーマンでごった返す場所で中々撮れるものがないというイメージがありますが、実は多くのフォトスポットがあります。

というのも東京タワーが徒歩圏内であったり、新幹線も通過する場所であるため迫力のある写真を量産することができます。僕は東京タワーも新幹線もよく撮るのですが、田町周辺で撮った写真がかなりありました。

今回は今まで撮ってきた写真とその撮影スポットについてまとめていこうと思います。

 

 

田町・三田周辺の撮影スポットまとめ

あまり有名な撮影スポットが多くない田町・三田周辺ですが、徒歩圏内で色んな場所から色んなものを撮影することができるので一つずつ撮影スポットを紹介していきますね。

 

札の辻歩道橋

まず田町といえばここでしょう。東京でも1、2位を争うくらい有名な撮影スポットでもある札ノ辻交差点

その歩道橋から撮れるのは大迫力の東京タワーと三田通りを駆けていく車

上の写真のように広角レンズを使って第一京浜も入れても壮大さがでていいですし、望遠レンズを使って圧縮効果を効かせて撮るのでもいいです。

圧縮効果とはなんぞや?という方がいましたら、以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。SNSや写真ブログ等で「圧縮効果」という言葉を聞いたことないでしょうか。遠くにある被写体を写すのに用いられることが多い望遠レンズですが、実は遠くの被写体を写すこと以外の使われ方もします。それは[…]

 

 

札の辻橋

札ノ辻歩道橋から芝浦方面に行ってもまだ東京タワーを見ることができます。

こちらも交通量が多いので日比谷芝浦線と三田通の二車線分の車を一構図に収めることができるためかなり迫力がでます。

長時間露光撮影で車の光跡をレーザーのようにして一段と写真をかっこよくすることができるのでこの撮り方もぜひ試してみてください。

レーザーの撮り方は以下の記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。このように車の走った光跡がレーザービームのように写っている写真を見たことありませんか?実は、ちょっとした基礎の応用で簡単にこんなレーザービームを取り入れた写真を撮ることができるんです![…]

 

新幹線も撮れる

実はこの札の辻橋からは新幹線も撮ることができるのです。日本を代表する企業のビル群と新幹線の組み合わせは東京ならではの景色です。

新幹線のほかにも山手線、京浜東北線、上野東京ライン、東海道線も通っているのでタイミングによっては複数の電車を撮ることもできます。

 

三田通り・桜田通り

札の辻歩道橋から東京タワーに向かっていく三田通り、桜田通りでも段々と近づいていく東京タワーの様子を撮ることができます。

ここは東京タワーを下から上まで全体を見る数少ないスポットでもあります。

 

 

JR田町駅西口

JR田町駅の西口には幅が広い横断歩道があります。朝方にはサラリーマンやOL、学生などありとあらゆる人が行き交います。

通行量が多い場所なので雨の日には多くの傘を差した人で行き交うのでその様子を撮ってもおもしろいでしょう。

雨の日の撮影について以下の記事で撮影方法と注意事項をまとめているのでぜひご覧ください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。これから5月,6月と梅雨に入っていくこの季節。せっかくの休日でも外に出るのが億劫になってしまいますよね。外出るために買ったカメラも雨が降ってしまうとその出番も減ってしまいます。しかし、、雨[…]

 

JR田町駅芝浦口

今度は逆の芝浦口に出てみましょう。芝浦側は新幹線だけでなく東京モノレールも撮ることができる撮り鉄スポットとなっています。

これは新幹線だけですが、新幹線の上に見える線路が東京モノレールの線路なのでタイミングが合えば二線同時に構図に収めることができます。

 

 

芝浦運河沿い遊歩道

芝浦運河沿いと歩いていると頭上で迫力あるモノレールが通過していきます。

上部を駆けていくモノレールの様と芝浦のタワーマンションの組み合わせは今の東京を象徴するような写真に仕上がります。

立派なメタセコイアも植えられているので秋ならではの写真も撮ることができるのも芝浦の良さです。

 

 

レインボーブリッジ遊歩道

芝浦口から15分程度歩いていくとレインボーブリッジに辿り着きます。

全長798メートルあるレインボーブリッジですが、実は歩いて渡ることもできるんです。そんなレインボーブリッジ遊歩道からレインボーブリッジと東京タワーも撮ることができます。

夜に煌びやかな東京夜景を撮ってもいいですし、夕暮れも綺麗な場所なので夕方から夜にかけてじっくり歩きながら渡るのがいいでしょう。

 

 

亀塚公園

ここはあまり知られていない穴場スポットなのですが、三田4丁目には亀塚が保存されている亀塚公園があります。

基本的には遊具が多めの子供向けの公園ですが、所々に東京タワーが見える場所があったり小さな神社と繋がっていたりと実は撮りごたえのある場所となっています。

 

 

芝公園4号地

ちょっと田町駅からは離れてしまいますが、芝公園も徒歩で行けないこともないです。

芝公園の4号地からはシンメトリーの街灯が続いて東京タワーが見えます。ここは有名スポットということもあり趣味カメラマンだけでなく、前撮りのカップルも出現するようになり三脚の使用が禁止になったようなのでご注意ください。

 

増上寺

芝公園まで行けたなら最後に増上寺まで行ってしまいましょう。

この静寂な空間は東京では唯一無二。行くだけで心が現れる増上寺です。ぜひ東京タワーと一緒に写真に収めてください。

夜景撮影については以前に撮り方を解説しているので行かれる前に一度チェックしてみてください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。キラキラとした幻想的な夜の景色。いざ撮ってみると全然キラキラとせずに肉眼で見ていたほうが綺麗と感じたことはありませんか?夜景撮影を日中と同様に撮影するのは意外と難しく、いくつか抑えておきたいポ[…]

 

 

最後に

最後は田町を飛び出して浜松町や大門の方まで行ってしまいましたが、このへんもこのへんで素晴らしい撮影スポットがたくさんあるので後日まとめることにします。

田町はアクセスがよく、夜景スポットも多いので学校終わりや仕事終わりに寄ってサクッと撮影する場所として適しています。

ぜひこの記事を見ながら田町周辺を巡ってみてください。

sponsored