【作例あり】プロビア PROVIA/スタンダードの色味 何でも美しく描くフィルムシミュレーション

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

FUJIFILMのフィルムシミュレーションの中の一つにPROVIA/スタンダードというものがあります。

特にフィルムシミュレーションを変えていないという方はこのPROVIA/スタンダードで撮影している方も多いのではないかと思います。今回はこの何でも美しく撮れるPROVIA/スタンダードについて解説していきます。

 

 

PROVIA/スタンダードとは

 

プロ用のリバーサルフィルムのスタンダードタイプ「フジクローム・プロビア」がベースをしており、風景から人物まで、あらゆる被写体に対応するオールマイティなフィルムシミュレーションとされています。

フィルムシミュレーションの中ではスタンダード的ポジションで意識して使っていない人は気づいていないかもしれませんが、れっきとしたフィルムシミュレーションです。

自然な色味を表現しているため、目に写った光景をそのままの色味で記録できとされているため、様々なシチュエーション、様々な被写体に対して何でもフィットするのが特徴です。

 

 

PROVIA/スタンダードの作例

それでは実際にPROVIA/スタンダードを使って撮った写真を見ていきましょう。

 

 

見たままの描写をするとされていますが、個人的には少し鮮やかに写るように思います。彩度が若干高く、コントラストも少し強めと言った感じで肉眼で見るより、スマートフォンで撮るよりも映えるので一眼カメラとしての楽しさを味わえる一つな要素になっています。

鮮やかといえど比較的ナチュラルに写るのでどのフィルムシミュレーションを使うか悩んだときは、とりあえずPROVIA/スタンダードで撮るというのもいいかもしれません。

このようにしっかりと光を撮りこんだときの描写はFUJIFILMならではの色味を感じることができます。

 

FUJIFILMはシャドウ部に強めの青被りが発生しますが、PROVIA/スタンダードではより顕著に発生します。PROVIA/スタンダードの場合は青というよりもマゼンダ寄りの色ですが、これが気になる場合はホワイトバランスの調整やレタッチでの調整が必要になります。

普段のスナップ撮影時にも使用してみましたが、発色の良さがうかがえます。

 

 

普段人物撮影は行いませんが、スナップ撮影において人が写り込むことがあります。

人肌が血色良く綺麗に写るのはPROVIA/スタンダードの特権。他のフィルムシミュレーションではここまで綺麗に写らないので。

 

 

 

購入前に使ってみたいという方にはレンタルがおすすめ

気になるカメラはあるけどいきなり大金を払って購入するのは気が引けるという方にはカメラレンタルサービスがおすすめです。

その中で特におすすめなのが「GooPass」というサービスです。「GooPass」は一生分の機材を”今”手に入れるをコンセプトに自分の好みに入れ替えて組み合わせられる月額制カメラ機材の入れ替え放題サービスです。

購入のハードルが高いという方は「GooPass」を使って気になるカメラをたくさん使いましょう。

 

 
実際にGooPassを利用してみた感想や具体的な使い方については以下の記事に書いているので、参考にしてみてください。
関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。僕はレンズを購入するにあたり、似たようなレンズがあると、比較してから購入を決意することが多いです。とはいえ、全てのレンズを実際に買って使ってみるのはハードルが高い...そんなときによく使うサー[…]

 

 

最後に

今回は「PROVIA/スタンダード」というフィルムシミュレーションについて紹介してみました。

他のフィルムシミュレーションについても紹介しているので、ぜひ他の記事も読んでみてください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。これまで長い間一部のGFXでしか使用が許されていなかったノスタルジックネガですが、最近ではX-H2S、X-H2、X-T5と徐々にXシリーズでも使用することができるようになってきました。僕自身は[…]

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。FUJIFILMのフィルムシミュレーションの中でも特に人気なのがクラシックネガX-T4やX100V、X-E4で搭載され特にスナップ撮影において多く用いられています。まるでフィルムカメラで撮って[…]

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。FUJIFILMのフィルムシミュレーションにはETERNA ブリーチバイパスというものがあります。ブリーチバイパスといえば、古くから多くの写真家に支持されてきた銀残しのことを指します。ETER[…]

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。FUJIFILMのフィルムシミュレーションの中の一つにクラシッククロームというものがあります。クラシッククロームは2014年に登場して以来、長い間人気を集めていますが、他のフィルムシミュレーシ[…]

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。FUJIFILMのフィルムシミュレーションの中の一つにPRO Neg. Hi(プロネガ ハイ)というものがあります。フィルムシミュレーションといえばクラシックネガやクラシッククロームが人気で多[…]

sponsored