【カメラ初心者向け】写真の解像度、画素数で用いられるMPとは何か

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

写真の現像やカメラのスペックでよく「MP」という表記を見かけます。意外と気にせずに過ごしている方、多いんじゃないでしょうか。

僕はちょっとした撮影の仕事で写真を納品をするときにようやくちゃんと調べて把握しました。ということで今回は「MP」について解説していこうと思います。

 

 

解像度と画素数で用いられるMPとは

「MP」は写真やカメラの画素数で使われる単位で、以下の意味を指します。

MP=メガピクセル
メガは100万を表し、ピクセルは画素を指します。1MP=100万画素、10MP=1000万画素という意味になりMPが高ければ高いほど高画素になっていくと考えてよいです。
 

高画素=高画質ではない

家電量販店でカメラを選ぶ際についつい見てしまう指標として画素がありますよね。

近年のミラーレスカメラは2420万画素が一般的ですが、中には6100万画素という超高画素機が存在します。6100万画素のカメラを買えば綺麗な写真を撮れるかと言われるとそうとは言えません。

画素が高いことで得られるメリットとしては、花を写真を撮ったときに花びらの質感やディテールがより繊細に表現されます。さらには大きくトリミングしても画素数が多いため解像度が落ちにくいです。

逆に高画素であることのメリットもあります。それは写真にノイズが載りやすくなること。

同じISO感度で撮影した場合、2420万画素のカメラよりも高画素機のカメラで撮った写真のほうがノイズが載りやすくなります。(このへんの話は少し難しいのでまた別記事で解説します)

高画素機の場合だとフルサイズであったとしてもあまりISOを上げられないことがデメリットとなってくるため、三脚を使ってカメラを固定したり、絞って撮影するなどの工夫が必要となります。

 

 

最後に

たまにMPの表記をPを省略してMと記してあるものも見かけますね。

容量を表すMBと似ていて困惑してしまいますが、全く異なるので注意が必要となります。

sponsored