【レビュー】PeakDesign ピークデザイン カフ リストストラップ

みなさんはカメラストラップはどうしていますか?

首から下げるタイプ、ストラップを手にぐるぐる巻き付けるタイプ、もしくはなにも付けないタイプと色々あると思います。

僕はPeakDesignのカフ リストストラップを使っています。

長いストラップが邪魔に感じていたので、リストスラップを導入してスマートに撮影できるようになりました。

今回は僕が普段使っているPeakDesignのカフ リストストラップについてレビューしていきます。

 

 

PeakDesign カフ リストストラップ レビュー

 

これが今回レビューしていくおすすめのリストストラップのPeakDesignのカフ リストストラップ

Peakdesignの共通仕様ともいえるアンカーリンクスは耐荷重90kgということで基本的にはどんなカメラでも安心して使用することができる。

ちなみにアンカーリンクスを買い足すことで複数のカメラでリストストラップを共有することができる。

僕は所持しているカメラ全てにPeakDesignのアンカーを取り付けており、どのカメラでもこのリストストラップを使えるような運用にしている。
 

PeakDesign カフ リストストラップの外観

 

改めてこれがPeakDesignのカフ リストストラップ

リストストラップということでストラップをブレスレットのように腕に装着するスタイルとなっている。

カメラに付いてくるストラップと違ってストラップの長さが短いことも特徴的。

 

手元がスッキリ

 

リストストラップを導入する前はカメラに付いてくるストラップを手にぐるぐると巻いて撮影していました。

使わないときは首にぶらさげておけるので便利ではあるが、手に巻いたりバッグ中に入れておくと他の機材にひっかかったりして意外と邪魔。

それを手元にこんなにスッキリさせることができる。

手首に巻きつけるわけではなく輪を通すだけなので全く邪魔にならない。

また撮影時に手が滑ってもカメラが落ちてしまうということもない。

 

締め付け具合の調整が可能

 

金属部分を締めることで、きつめにがっちりと手首に締め付けることができる。
締め付けると全てカメラを落とす心配がなく安心感をもたらすことができる。

 

着脱が簡単

 

PeakDesignのカフ リストストラップはワンタッチでストラップの着脱が可能。

アンカー部分を押しながら引き下げることでストラップを外すことができる。

外したあとにカメラはバッグに入れて、ストラップが腕に付けたままという運用もできるため非常にスマート。

特に僕はブログ用にカメラの写真を撮る場合はストラップが邪魔になるため、簡単にストラップを着脱することができるのは個人的に嬉しい。

 
ちなみにアンカーリンクスはPeakDesignの共通仕様ということもあり、他のPeakDesignのストラップ製品を使いまわすことができる。

例えばこのPeakDesign スライドは長さの調整が容易に出来るストラップでシートベルトのように体にぴたりと密着させるストラップ。
複数のストラップを使いまわすことができるのがPeakDesignの最大の恩恵ともいえる。

 

 

最後に

今回はPeakDesignのカフ リストストラップを紹介してみた。
手元がすっきりしたりスマートに撮影することができたのはもちろん、一番良かったのは撮る枚数が増えたこと。
常に手元にカメラがあるという状態なので、すぐカメラを握ってすぐ構えるということができるようになったシャッターチャンスを逃すことも少なくなった気がしている。
長いストラップを付けているとバッグから取り出すのも、手元に巻きつけるのもめんどくさくなってシャッターを切るということを無意識にサボっていたかもしれないということにこのストラップを導入して気がついた。

sponsored
最新情報をチェックしよう!