【レビュー】FUJIFILM X-T4にSmallRig L字プレートを導入してみた

こんにちは、Nocchi(のっち)です。

先日L字プレートというものを導入してみました。

L字プレートとはカメラに装着することでホールド感が上がり持ちやすくなったり、三脚使用時に効率よく撮影することができるアイテム。

今回はFUJIFILMのX-T4用にSmallRig L字プレートというものを購入しみたのでじっくりとレビューしていこうと思います。

X-T4ユーザーではなくてもL字プレートについて気になっていた方もぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

 

SmallRig Lブラケット

 

今回購入したのはSmallRig製のL字プレート

底部分の厚さが約2cm、重量が約210g。カメラに装着すると少しゴツくなり重みも増す。

グリップ部分はシリカゲル製かつ人間工学に基づいてデザインされており手にフィットし、グリップ感が良い。汗や雨でも滑りづらい素材感となっている。

また、底面と側面ともアルカスイス規格のプレートが使われており、アルカスイス互換のある三脚への着脱が可能となっている。

アルカスイスについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

三脚や一脚を調べていると「アルカスイス互換」という言葉を目にしませんか?アルカスイス互換はカメラ業界では一般的な用語で、知っていると知らないとでは雲泥の差があるものです。特に三脚を使った撮影が多いフォトグラファーさんの方々は知ってお[…]

 

SmallRig Lブラケットの取り付け方

Lブラケットの取り付け方は非常に簡単。

1/4ネジを付属しているマイナスドライバーでクルクルと回して固定するだけ。

そして底プレートにはマグネットが付いていて、マイナスドライバーを収納することができるため外でも簡単に着脱することが可能となっている。

 

 

SmallRig Lブラケット 使用感レビュー

それではLブラケットを実際に使ってみた使用感をレビューしていく。

 

握り心地

 

まずLブラケットを導入した理由ともいっていい握り心地。

実はX-T4のグリップは浅めに作られており、ホールド感が弱い。これを補うためにもLブラケットを導入した。

ホールド感はかなり改善され重めのレンズを使っても握り込むことでブレのリスクは軽減することができた。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。2020年4月28日に富士フイルムから発売されたFUJIFILM X-T4を買いました。以前、サブカメラとしてX-T2を買いたいという記事を書きましたが、何を血迷ったか最新モデルであるX-T4[…]

 

三脚使用時

そしてLブラケットのもうひとつの恩恵は三脚を使うことで受けることができる。

冒頭でも少しだけ触れたが、Lブラケットはアルカスイス規格が採用されていて、アルカスイス互換の雲台であればこのまま装着することができる。

このように横からスライドして雲台側のネジを回すことで簡単に三脚に取り付けることが可能となる。

カメラ側に別にクイックシュー等を取り付けることなく、三脚に装着できるため撮影の効率も高くなった。

さらに便利なことにL字構造ということもあり縦構図の際にも使用することができる。

本来縦構図を撮る場合は三脚の首を曲げてから水平をとるために微調整する等、横から縦構図に切り替えたい場合はこれが煩わしかったりする。

しかしLブラケットを使うと水平を整える必要もなく、アルカスイスは着脱も簡単であるために構図の切り替えは非常にスムーズに行えるようになる。

 

最後に

L字プレートの存在は知っていたけど、せっかくコンパクトなカメラだしサイズアップするの嫌だなぁと思って避けてはいたのだが使ってみると結構いい。

重めのレンズを使うときのホールド感と三脚使用時のシームレスな撮影はかなり助かっている。

機動力高くパシャパシャと撮っていきたい撮影の場合は外して、夜景撮影などの場合は付けるみたいな運用の仕方もできるので1つもっておくだけで心強い。

記事を気に入っていただけましたら、↓のシェアボタンから各SNSでシェアお願いします。
sponsored
最新情報をチェックしよう!