スーパー35mmとは センサーサイズ、撮影素子の違いについて

こんにちは、Noccchi(のっち)です。

一眼カメラのレンズの中にはスーパー35mm対応レンズというレンズが存在します。

APS-C対応やフルサイズ対応というのはよく目にはしますが、スーパー35mm対応とはどう意味でしょうか。あまり目に見ないですが、みなさんはご存じでしょうか。

ということで今回はあまり知られていないスーパー35mmについて解説していきます。

 

 

スーパー35mmを知る前に…

スーパー35mmを知るにはカメラとレンズのセンサーについて知っておく必要があります。

センサーサイズとは、カメラに内蔵されている「光を捕まえるセンサーの大きさ」のことを指します。

このセンサーサイズにはいくつか大きさが分かれていて、大きければ大きいほど画質がよく、値段も高くなる。という特徴があります。

センサーサイズについては以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。カメラ選びしていると必ず出てくる言葉に「センサーサイズ」というものがあります。今回は「センサーサイズ」をこちらもよく出てくる言葉、「フルサイズ」と「APS-C」を比較しながら解説していきます。[…]

このいくつか分かれている中にスーパー35mmがあります。

 

 

スーパー35mmとは

スーパー35mmとは映像用の規格です。

実は映画によく用いられているのがこのスーパー35mmで意外に近くに使われているのです。ただ画質だけを求めていくのであれば、スーパー35mmよりも大きいセンサーサイズで撮ったほうが綺麗に写ります。

しかし、映像の場合は特にセンサーサイズが大きいと光と情報量が大きくなってしまうため、映像処理が追い付かないという問題があるため、このスーパー35mmが使われています。

サイズ的にはAPS-Cとほぼ同じためレンズの共有が可能です。それが冒頭にも載せたスーパー35mm対応レンズなのです。

写真用の規格である35mmフルサイズとスーパー35mmとは全くの別物なので注意が必要です。

 

 

最後に

今回はスーパー35mmについて解説してみました。

写真だけを撮る人にはあまり関係ないかもしれませんが、シネマレンズを使ってみたい方や動画を撮っていきたい方は知っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

sponsored