東京のテラスと展望台スポット14選 綺麗な写真を撮る撮影テクニックも紹介

 

 

新丸ビル 展望テラス

新丸ビルの7Fにも東京駅を見下ろせる展望テラスがある。

新丸ビルの7Fにはダイニングやバー等もあり食事やお酒を嗜みながら東京駅を一望することができる。

こちらも展望テラスへの入場は無料となっている。

他の夜景撮影スポットは以下の記事でまとめているので合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。僕の撮影スタイルの一つには夜景撮影がある。東京在住ということでランドマーク的な建造物やキラキラとした東京のオフィス街を一枚の写真に収めるのはいつもドキドキが止まらない。夜景を求めて練り歩い[…]

 

丸の内ビル テラス

丸の内ビルの5Fにオープンエアの展望テラスがある。

東京駅舎を正面から見ることのできるこのテラスはそんなに有名ではない穴場スポット。

丸の内ビルは35Fにも展望テラスがあり、そちらからはお台場方面の景色を楽しむことができる。

なお5Fも35Fも入場は無料となっている。

 

渋谷スカイ

230メートルという圧倒的な高さで渋谷のみならず東京を一望することができる。

2019年11月に開業されたばかりということもあり、景色はもちろんのこと展望台やガラス、ロッカー等も非常に綺麗。

ちなみに渋谷スカイの入場料は前売りであれば1,800円、当日であれば2,000円という価格帯になっている。

他の東京タワーの撮影スポットについては以下の記事でまとめているので合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。僕はよく東京タワーを撮影します。ちょっと田舎っ子なこともあって、東京タワーには憧れがあるんですよね。東京スカイツリーも魅力的ですが、僕は断然東京タワー派。夜の写真を撮ろうと思ったら真っ先に[…]

 

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

池袋のサンシャインシティにある展望台。

ここからは新宿や東京スカイツリーなどの東京名物をパノラマで360度見渡せることができる。特にスカイツリーは隔てるものがなにもなく上から下まで一望することができる。

価格はWebチェットであれば1,100円、当日券であれば1,200円という展望台の中では比較的安価に入場することができる。

 

フジテレビ 球体展望室 「はちたま」

なんとお台場 フジテレビのあの球体は展望施設になっている。

お台場のレインボーブリッジと東京タワーをセットで見れる場所でもあるが、臨海やゆりかもめが走っている姿も見ることができる他にはないよさがあるのが「はちたま」の魅力だ。

ここの入場料は700円で比較的安価な価格設定となっている。

 

文京シビックセンター展望ラウンジ

文京シビックセンターの25階にも展望ラウンジがある。

こちらからは東京スカイツリーや新宿ビル群、富士山等を見渡すことができる。

中でも東京ドームシティを俯瞰的に見ることができるのがおもしろいポイント。巨大観覧車のビッグ・オーとその中心を駆けていくジェットコースターは迫力満点。

ここは嬉しいことに入場料無料となっている。

 

TOKYO CITY VIEW 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

六本木ヒルズ展望台は六本木ヒルズ内に52階部分にある展望台。

展望台からは、東京のランドマーク、東京タワー、スカイツリー、レインボーブリッジなどを眺めることができ、非常に美しい夜景を眺めることが可能となっている。

展望回廊のダイナミックなガラス張りの空間から拝む東京タワーと東京の街並みは圧巻。

東京シティビューについては以下の記事で撮影記を書いているので合わせてご覧ください。

 

北とぴあ 展望ロビー

北区では珍しい展望施設。

東京スカイツリー、さいたま新都心、富士山など東京だけでなく様々な形式を堪能することができるスポットである。

ここも入場料は無料となっているので北区に行ったときはついでに行ってみよう。

 

東急プラザ銀座 キリコテラス

東急プラザ銀座の屋上のキリコテラスからは銀座の綺羅びやかな街並みと交差点を見ることができる。

音楽や映画を楽しむイベントが行われていたり、飲食物を持ち運んでスポットでもあり景色を楽しむ以外にも色々と楽しめる場所となっている。

こちらも無料のスポットとなっているので買い物等の疲れた場合に休憩がてら立ち寄るのもおすすめ。

 

最後に

今回は東京の展望台スポットをまとめてみた。

ここに紹介した以外にも展望施設はまだまだあるのでニーズがあるようであればPart2もまとめてみようかと思っている。

記事を気に入っていただけましたら↓のシェアボタンから各SNSでシェアをお願いいたします。

 

sponsored