東京のテラスと展望台スポット14選 綺麗な写真を撮る撮影テクニックも紹介

こんにちは。Nocchi(のっち)です。

僕は都内在住ということもあり、よく展望台やビルの展望テラスから東京の街並みを撮影することが多い。展望台から望遠で切り取ったり、広角で俯瞰で撮影したりと展望台からの撮影でも様々な撮影をすることができる。

そこで今回は僕がよく行くおすすめの展望台撮影スポットと撮影のコツについて紹介していく。

 

 

展望台からの撮影に必要なもの

展望台撮影スポットを紹介する前にまずは展望台からの撮影に必要なものを以下にまとめておく。

・カメラとレンズ

もちろん撮影するにはカメラとレンズが必要。

街を広く撮りたいのであれば広角レンズがあるとよく、建造物を切り抜いて撮影したい場合には望遠レンズが必要となってくる。

ちなみに僕が使っているカメラはFUJIFILMのX-T4

レンズは広角ではXF10-24mmF4 R OISと望遠ではを使うことが多い。

 
・忍者レフ
屋内展望台からの撮影ではガラス越しの撮影となるため室内のライトが写真に写り込んでしまうことがある。
そんな映り込みを防ぐために忍者レフを使い窓ガラスに密着させて撮影することでクリアな写真を撮ることができる。

忍者レフは展望台によっては使えない箇所もあるので事前に確認しておくと良い。
他にも三脚があると望ましいこともあるが、都内の屋内展望台では使えないことも多い。
 

東京展望台撮影スポットまとめと撮影のコツ

それではおすすめの展望台の撮影スポットを一つずつ紹介していく。

 

東京スカイツリー 天望デッキ

まずは日本で最も高い建築物でもある東京スカイツリーの展望デッキ。

スカイツリーの展望台には地上350m地点の展望デッキと450m地点の展望回廊がある。展望デッキまで登るのには2,100円、天望回廊まで登るのにはそこから+1,000円の3,100円かかる。

少し値段が高い気もするが、スカイツリーから見下ろす東京の街並みは圧巻。展望デッキでも十分高いため撮影のために行くのであれば展望デッキでも十分。

 

東京タワー メインデッキ

次に二番目に高い東京タワーの展望デッキ。

東京タワーには地上から150m地点のメインデッキと250mのトップデッキと2つの展望デッキが存在する。

東京タワーは東京スカイツリーとは違って東京の下町ではなく、オフィス街や複雑に入り組んでいる東京の道路や交差点を俯瞰して拝むことができる。

メインデッキは高さが150mであるため、望遠レンズを使うと歩いている人や走っている車など一瞬を切り取る撮影もすることができる。

 

浅草文化観光センター 展望テラス

浅草周辺にはあまり展望台がないが、浅草文化観光センターの8Fに展望テラスがある。

この展望テラスからは仲見世通りと浅草寺を見下ろすことができる。昼や夕方はもちろん、夜にライトアップされる浅草寺は非常に美しい。

浅草寺だけでなくスカイツリーも上から下まで拝むことができるため一度行っても二度美味しいスポットである。

そして嬉しいことに浅草文化観光センターは入場無料である。

他のスカイツリーの撮影スポットについては以下の記事でもまとめているので合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。東京タワーと並び東京を象徴する建造物でもある東京スカイツリー。その高さは東京タワーをも凌ぐ634m。世界一の高さを誇る電波塔でもある圧倒的な存在感を放つスカイツリーには近くから遠くまで多くの撮[…]

 

スカイツリーイーストタワー展望台

東京ソラマチの30階・31階のレストラン街にも展望フロアがある。

こちらからはスカイツリーを間近で見ることができるが、他にも隅田川や浅草の下町も一望できる穴場スポットとなっている。

ちなみにスカイツリーイーストタワー展望台も入場は無料。

 

KITTE 屋上庭園

旧東京中央郵便局の跡地に建てられたKITTEにも展望テラスがある。

KITTEの6階から東京駅の大正ロマンを堪能することができる。まさに東京駅を見るために設計された建造物であるかのように感じる。

KITTEについては以下の記事でも撮影記を書いているので合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、Nocchi(のっち)です。東京駅近くにある「KITTE」をご存知でしょうか。KITTEは飲食店や雑貨店が入っている商業施設なのですが、目を奪われるのがその建築美とKITTEから眺める東京の絶景。買い物や飲食以外にも見る[…]

KITTEの屋上庭園も入場無料となっている。

後半は次のページに続きます。

 

sponsored