東郷寺の枝垂れ桜が圧巻だった。撮影ポイントについて解説します。

東郷寺

こんにちは! Nocchi(のっち)です。


今年はいつもと違う場所に桜を撮りにいこうと思って、府中市にある東郷寺に行ってきました。


あまりメジャーではないだろう、、と思っていたが、案外混んでいた。。
どうやら普通に人気スポットだったらしいです。
※東郷寺についてはこちら


では、さっそく写真を紹介していきます。

垂れ桜

桜,東京,綺麗
F値:18 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:1250

階段を上ったところに門が配置されており、その左右には立派で大きい枝垂れ桜がそびえ立っていました。


この日は少し風もあったので気持ちシャッタースピードは早めの1/1000秒に設定。
ある程度絞りたいので、ISOを上げてカバー。
あまりザラザラ感は気にならないかな?と思います。
関東,桜,素敵
F値:16 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:2000


とても立派ですよね。
庭園や公園ならこの大きさは見るのですが、お寺でこの大きさは迫力が凄まじかったです。


やはり桜と青空の組み合わせを見ると暗い気持ちでも忘れさせてくれますね。
春,青空,光芒,太陽,枝垂れ桜
F値:22 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:500

こちらは桜が降ってくるようなイメージで広角で下から撮ってみました。
これは17mmで撮りましたが、ちょっと収まりきらなかったですね。


超広角レンズ欲しいけど、、使う機会が限られそうで踏み出せない。。


光芒でアクセントを出すためにF値は絞り気味で撮影。


光芒の作り方はこちらの記事を参考にしてください。





最後に

今回は東郷寺の枝垂れ桜を撮ってきました。
初めて行きましたが、素晴らしい場所でした。


これからは東京の桜名所にもなりそうな場所だなと思いました。
桜の撮り方についてはこちらの記事にまとめてありますので、参考にしてください。



今回は以上で。

では、また。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。



Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします!

シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿