オートモードからの脱却! その3 ISO感度とは?

ISO感度とは

こんにちは! Nocchi(のっち)です。


このブログでもたびたび現れるワードとして「ISO」というカメラ用語があります。

今回はISOを理解してオートモードから卒業しましょう!
ISO,一眼,ミラーレス
一眼レフ・ミラーレス一眼の写真の明るさを決める3要素のうちの1つとしてシャッタースピードがあります。


  • F値
  • シャッタースピード
  • ISO感度
F値についてはこちら

シャッタースピードについてはこちら




 ISO感度とは

ISO感度」とはカメラに取り込んだ光をどれだけ増減するかのことを言います。


カメラによっても異なることがありますがISO感度の基準はISO100でありISO51200まで変更できるカメラが一般的に多いです。


ISO感度の数値に応じて実際に取り込んだ光よりも写真を明るく写すことが可能です。


そんなもんISO高いほうがF値とシャッタースピードのことなんて考えずに明るい写真撮れるじゃん
と思うのですが、実はISOをあげることにはデメリットもあります。

ISOを上げることのデメリット

実はISO感度を上げすぎると画質が低下してしまうのです。
東京駅,丸の内,夜景
こちらはISO2000の写真
左上の夜空を見ていただいたらわかりやすいのですが、空がざらざらしていてノイズがのっていることわかります。


こちらは全体的にフォーカスをあてたくてF値も13と大きめ、手持ちのためシャッタースピードも1/10秒と条件的に光をさほど取り込むことができない条件のため、やむなくISOをあげるしかなかったという写真になります。


ISO感度はカメラが強引に光を増幅させることであり、基準はISO100と説明しました。
増幅させるということはカメラが無理をして明るく仕上げているということになります。


その分の代償として数値を上げれば上げるほどノイズが増え画質は低下してしまうのです。

sponsored

ISOをあげる場面

  • 夜景や室内の十分に光を確保できない場合
  • 手持ち撮影でシャッタースピードを上げて、手ブレを軽減する場合
基本的に上の2つの場面かと思います。
このような場合は目安として上限はISO1000と思っておきましょう。


ISO1000でも多少は画質が粗くはなりますが、そんなに気にならないレベルです。
ISOが1000を超えないようにF値とシャッタースピードとのバランスを撮ることが綺麗な写真を撮ることへのコツです。


それでもやむなくISO1000以上に設定する必要がでてきた場合は編集でノイズ処理をしていくことで見た目がきれいになります!


こちらの編集も需要があれば記事にしたいと考えています。

ISOをあげるのは最終手段」と心がけて撮影していると、設定の整理もついて割り切って撮影できます。

最後に

今回の記事にて、写真の明るさの基本については終わりです。


初心者の方は3要素をすべてコントロールすることは難しいと思うので、まずはAモード(絞り優先モード)、Sモード(シャッタースピード優先モード)から練習を積み重ねてから、マニュアル撮影に移行してF値、シャッタースピード、ISOを駆使して自分の設定感覚を養ってあげるのがいいかなと思います!
丸の内,夜景,ISO

今回は以上です。
では、また。


記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。



Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします。

シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿