カメラ初心者必見! 写真の明るさを構成する3つの要素

写真を構成する3つの要素

こんにちは! Nocchi(のっち)です。


今回は写真の明るさを決める3つの要素について紹介していきます。


もちろん明るさ以外にも大事な要素はあるのですが、写真の中で明るさは最も重要ともいえる要素です。
桜,ライトアップ,目黒川
 カメラを始めると聞きなれない言葉として「F値(絞り値)」、「シャッタースピード」、「ISO感度」があります。


この3つが写真の明るさを決める3要素なのです。これらのバランスで写真の明るさが決まります。

F値(絞り値)

「F値」とは「絞り値」とも呼び、絞りはカメラに取り込む光の量を調節するためのものです。
上野公園,鳥,不忍池
F値が小さい(絞りを開く)と光をたくさん取り込むことができ、明るくなります。
F値が大きい(絞る)と絞られてしまい光をあまり取り込めず、暗くなります。


F値についてはこちら

シャッタースピード

「シャッタースピード」とはシャッターを切る早さのことを指します。
センサーに光をどのくらいの時間当てるかを決めるものです。
紅葉,青森,奥入瀬
シャッタースピードが長いほど光をたくさん取り込み、明るい写真になります。
シャッタースピードが短いほどあまり光写真を取り込めないため、暗い写真になります。


シャッタースピードについてはこちら






ISO感度

「ISO感度」とはカメラに取り込んだ光をどれだけ増減するかのことを言います。
京都,鳥居,伏見稲荷
ISOを上げることで暗い場所でも明るい写真にすることができますが、ISOを大きくすればするほどざらざらとしたノイズが出てきてしまい画質が悪くなってしまいます。


絞りやシャッタースピードは明るさ以外にも写真の完成図に影響を与えますが、ISOは明るさだけが変わる機能です。


それと引き換えに画質の劣化にも繋がってしまうので、実は一番丁寧に扱いたい機能でもあります。


ISO感度についてはこちら

F値とシャッタースピードは明るさ以外にも変わるものがある

ISOの説明の最後に”絞りやシャッタースピードは明るさ以外にも写真の完成図に影響を与えます”と書きましたが、これについて説明していきます。

F値(絞り値)

F値で明るさ以外に変えることができるのはボケ感です。


F値を小さく(絞りを開放)するとボケやすくなり、F値を大きくする(絞りを絞る)とボケにくくなります。

シャッタースピード

シャッタースピードは目で見えないものが撮れるようになります。


シャッタースピードを長くすれば、車の後が光跡となって一筋の線となって写真に収めることができます。
編集がなくてもでカメラの機能だけでこんな写真が撮れるんです。
ライトアップ,東京タワー,三田
ただ、シャッタースピードが長いとその間にカメラが少しでも動けばブレにつながります。
これを回避するためには三脚を使いましょう。



sponsored

撮影モードを変えて撮影する

カメラ初心者の方でスマホ感覚でオートモード撮影している方も多いのではないでしょうか。


オートモードはカメラが自動で設定してくれて便利ですが、逆に言うと自分で設定を変えることができません。


またオート撮影では撮ることのできない写真がたくさんあります。


撮影モードを変更して自分で設定を変えてみよう。


絞り優先モード:F値(絞り値)を自分で決めて適切な明るさになるようにシャッタースピードを自動で変更してくれます。
一眼レフ,ミラーレス,SONY,α7Ⅲ

シャッタースピード優先モード:シャッタースピードを自分で決めて適切な明るさになるようにF値(絞り値)を自動で設定してくれます。
ミラーレス,一眼レフ,SONY

オートモードとまでは言わないですが、一つの要素だけ自分で設定して他の要素はカメラが自動で設定してくれるので、そんなに複雑に考えなくてよいのでとっつきやすいと思います。


例えばオートモードでは車の光跡や、逆光の中でも綺麗に撮ったり、川の流れを撮ったりすることはできません。
六本木,東京タワー,イルミネーション

写真の明るさを構成する3つの要素を理解することでオート撮影を卒業して、オートでは撮れない写真を撮っていきましょう!


今回は以上で。
では、また。


記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。


Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿