浜離宮恩賜庭園に撮影に行ってきた。 菜の花撮影のポイント

浜離宮恩賜庭園

こんにちは! Nocchi(のっち)です。




浜離宮恩賜庭園に撮影に行きました。
※詳しくはこちら


前回記事にもあげた荏原神社の寒緋桜を撮影してからというものの
気持ちがすっかりと春気分になってしまったため連続で花の撮影をしてきました。







菜の花

見頃には少し早いのは承知の上、春を撮りたい気持ちを抑えきれず行ってまいりました。


浜離宮恩賜庭園の菜の花は見ごろになるとあたり一面埋め尽くすほどに菜の花が咲き乱れ、ヒヨドリなんかもやってきます。
菜の花,春,玉ボケ
花を撮る際に構図を意識する余裕がなく、ついつい花単体をアップで撮ったり、お花畑を引きで全体に撮るだけで終わってしまうことありませんか??


ここで私の花を撮るうえで簡単な撮影ポイントをあげるとしたら

  • 西日を入れ柔らかい仕上がりにする
  • 副題として玉ボケをいれてあげる

上の二点を意識するだけでも花単体をアップで撮っても花畑を引きでとっただけでも
グッと仕上がりがよくなります。


二点目の玉ボケを入れるのは少しだけ技術が必要なのでちょっとお勉強が必要ですが、西日を入れるのは時間帯だけ合わせればいいだけなので簡単です。


玉ボケの入れ方は今度記事書きますね!


その二点を意識した写真がこちら。

菜の花,玉ボケ,光
どうでしょうか。。
やわらかく温かみがある菜の花に仕上がっているかと思います。


一応、このときはまだ見頃ではなく一部だけ咲いている感じでしたが、こんな写真が撮れたりします。


ぜひ昼下がりに行ってトライしてみてください。
菜の花,春,梅
なんと梅も少しだけ咲いていたので菜の花と絡ませて撮影してみました。
こちらも温かみ重視で撮ってみました。


前の写真では菜の花にフォーカスをあて、菜の花をメインにしていたしましたが、今回は梅をフォーカスをあて、菜の花を副題にしてみました。


菜の花はまだまだこれからが見頃なので、ぜひこの記事を参考に撮影しに行っていただけたら嬉しいです。

sponsored

最後に

今回は花を撮るにあたってのシンプルになりすぎないような撮り方をまとめてみました。


これから暖かくなるにつれて花を撮影する機会も増えていくと思うので、ぜひ撮り方を参考にしてみてください。


今回撮影した写真はinstagramでも公開中です。ぜひ見てくれると嬉しいです。


今回は以上で。
では、また。


記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。


Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿