東京一の早咲き? 荏原神社の寒緋桜を撮ってみた

荏原神社

こんにちは! Nocchi(のっち)です。


荏原神社に早咲きの桜 寒緋桜の撮影に行ってきました!
※荏原神社についてはこちら

寒緋桜

ここ荏原神社は東京の中でもあまり有名な撮影スポットではないかもしれません。
実は寒緋桜という早咲きの桜が拝める場所なんです。


場所は品川区の京急の新馬場駅から徒歩10分ほどで辿り着くことができアクセスがいいです。


早速ですが撮った写真を紹介していきます。
寒緋桜,桜,ボケ
寒緋桜は濃いピンク色が特徴です。


ここでの撮影ポイントとして、桜の花びらにピントを合わせて背景をぼかしているわけですが、このとき背景にも桜を配置するようにします。


背景もピンク色になり、写真がかわいらしくも豪華に仕上がります。





神社,桜,寒緋桜
晴れているときに行くと青とピンクのコンストラストが映えます。
ぜひ晴れた日を狙って行ってみてください!


手水舎の屋根部分と不規則に枝分かれしてる桜とあわせて撮ってみました。


実は、この寒緋桜の木は少ししか生えていなく、迫力にかける部分はあるのですが、
下から覗きこむように屋根と一緒に撮ってあげることで木の高さも表現することができ
あまりない迫力も出すことができます。
前ボケ,桜,寒緋桜
最後の一枚になりますが、絡み合う枝と奥の花びらにピントをあわせ
手前の花びらをぼかしてふんわりとした写真にしてみました。


ちょっとごちゃついているかもしれませんが、構図いっぱいにものをいれることを
意識するだけで少しだけ写真が上達した気持ちになれますよ!


花や今回のような桜を撮影するときはついつい、花自体を真ん中に配置したいわゆる「日の丸構図」で撮ってしまい、なんだかぼやっとした単調な写真になってしまいがちです。


今回ご紹介したように、ぼかした背景に何を置くか、ちょっとテクニックがいるかもしれませんが前ボケを入れるだけで単調な写真もおしゃれな写真になります。

sponsored

最後に

この場所実はいつもはメジロやヒヨドリが花の蜜を吸いに来るのですが
今回は来てくれず、、シンプルに桜の撮影だけで終わってしまいました。。


メジロやヒヨドリを撮影する場合は望遠レンズを使いまた違うテクニックを要するのでまた違う記事で書けたらなぁと思っています。


今回撮影した写真はinstagramでも公開中です。ぜひ見てくれると嬉しいです。


今回は以上で。
では、また。


記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。


Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿