「葛西臨海公園」で水仙と夕日に浮かぶ観覧車を撮ってきた!

葛西臨海公園

こんにちは! Nocchi(のっち)です。


今回は葛西臨海公園に撮影に行きました!
葛西臨海公園についてこちら


会社員をやっていると平日に撮影に行こうとするとどうしても夜景が多くなりがちになってしまいます。


夜景撮影は夜景撮影で楽しいので好きなのですが、日中の自然風景不足になってしまうのですよね。。


そこで休みの日に花と夕日の写真でも撮りに行くか!(ついでにおいしい空気でも吸うか!)

ってことで行ってきました。

水仙

花,水仙,玉ボケ

この時期は水仙が見ごろ。

花と玉ボケのセットが好みでいい構図を撮りながら探していきます。


水仙は花びらが小さいので大まかではなく、きちんと花びら自体にフォーカスをあててやる必要があります。


F値は小さく(絞り開放)設定し、手前側に水仙を配置して前ボケで撮影することで
春らしい優しい雰囲気に仕上げることができます。


F値についてはこちら


花,水仙,玉ボケ

昼下がりに行ったので少し西日を浴びている水仙を撮ってみました。

背景の木々から差してくる陽の光を玉ボケにもしてみました。


玉ボケの作り方としては、被写体の背景に光が差し込んでいたり、光があたっている状態でF値を小さく(絞り開放)で撮影することで玉ボケが出現します。


玉ボケの出現方法はまた改めて記事を書こうと思っています。


ちょっと見ごろよりは早かったのか埋め尽くすほどの水仙はまだ咲いていなかったです、、

ただ晴れた日に行きたかったので、さっそく晴れた日に行っちゃいました。


水仙は香りがよくて一気に春気分になりました。

また葛西臨海公園の水仙畑はなにより人があまりいないので撮りやすいので
カメラ初心者の方でじっくり花を撮る練習したい方には特におすすめです!


2020年2月8日(土)、2020年2月9日(日)で葛西臨海公園「水仙まつり」が行われる予定です。

5万球・20万本が咲き乱れ、出店やパフォーマンスも楽しめるようです。
ぜひ今週末足を運んでみては。






ダイヤと花の大観覧車

そして葛西臨海公園といえば、、2016年まで日本一に君臨していた観覧車ですよね。


シンプルに撮影してもいいのですが、今回は夕日と絡めてみました。

トワイライトってやつですかね。。?

観覧車,夕日,グラデーション
近くに噴水があったりライトがあったり何をどこまでフレームに入れるか悩んでいましたが今回は駐車場の車達を入れてみました。


休日の夕方って寂しく儚いですよね、、

撮っていてセンチメンタルになってしまいました。

クリスタルビュー

そして、葛西臨海公園内で一番好きなのがこのクリスタルビューです。

ガラス,夕日,夕焼け
展望ゲートの奥には東京湾が広がっています。


素敵ですよね~、素晴らしい設計力でいつも感心させられます。

都内でこんな景色見れるなんて上京したての時は驚いたものです。


この日もポトレ撮影した方がたくさんおり、映えるのでしょうね。

私はポトレは全くセンスないのでよくわかりませんが(笑)


夕日の撮影はタイミングが命です。
自分の好みのタイミングが訪れるまで待つ必要があります。
ちょっとしんどいかもしれませんが、これもいい写真を撮るためと思いひたすら待ちます。


sponsored

最後に

葛西臨海公園は今回乗せた場所以外にも水族館があったり東京湾を一望できたりたくさんの自然を感じることができます。


ほんとは全貌を公開したいのですが、撮影とブログ更新の労力が大変で(笑)
まだカメラもブログも未熟なもので、、すみません。
慣れてきたら記事のボリュームも増やしていけたらなぁなんて思っています。


今回撮影した写真はinstagramでも公開中です。ぜひ見てくれると嬉しいです。



では、また。



記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。


Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿