「FLOWERS BY NAKED 2020」で日本一早いお花見を体験してきた

FLOWERS BY NAKED 2020 -桜- 

こんにちは! Nocchi(のっち)です。


FLOWERS BY NAKED 2020 -桜- に撮影に行ってきました。
毎年恒例のnaked.inc様による日本一早いお花見を五感で楽しめるイベントです。
詳しくはこちらから


※これから行かれる方で楽しみにしている方は本記事を読まないことを推奨します。



ちなみに今回はnaked様の公式フォトグラファーとして開催前日に撮影させていただきました。



レギュラーの開催時と違い、スーツの関係各社の方がたくさん。
その中、ド私服で撮影するだけで緊張。。。


全てのエリアを細かく紹介するのは楽しみを半減させてしまうことを考慮して一部の写真を公開します。



Prologue

まずはFLOWERS BY NAKEDといえばこれ!
その名も「Prologue」。入った瞬間これが展示されています。

NAKED,花,フォトジェニック
ページがめくられると世界はは冬から春に移り変わっていきます。
いきなり感動がピークに達し、これからの期待値も思わず上がってしまいます。

NAKED,花,フォトジェニック
技術の進化もさることながら、細部までこだわったであろうデザイン、色味、センス。どれも素晴らしい。。
このでかい本には毎年驚かされる、、


基本的にこういったデジタルアートはシャッタースピード(SS)は早めでF値は大きく(絞り)ます。


理由としてデジタルアートは逐一動くものが多いため、瞬間的に被写体を捉える必要があります。


また、全体的にピントがあたっているほうが作品自体の魅力が伝わりやすいことから
SSは早め、絞り気味で撮影する必要があります。


チームラボ等のデジタルアートは暗所が多いです。
SS早めの絞り気味だと明るさを確保することが難しいためISOを上げるしかないです。
多少のノイズは覚悟で撮りましょう。



F値、シャッタースピード、ISOについては以下の記事を参考にしてみてください。





【関連記事】オートモードからの脱却! その3 ISO感度とは?






Wildflower 

進んでいくと、次に花畑が見えてきます。
その名は「Wildflower Garden」

花,NAKED,フォトジェニック
NAKED,花,フォトジェニック
ここで世界観にグッと引き込まれます。言い忘れてましたが、今年でFLOWERS BY NAKEDは5周年。
力の入れ具合、、集大成感を感じます。


このエリアは会場内でも比較的明るいエリアであったため、ISOをさほど上げる必要なし。
明るいといえる場所はここくらいでした。。


OUSAI Garden

次にご紹介するのは「OUSAI Garden」


桜の花びらが散り行く中で春の精霊さんが舞い踊ってくださります。


花,精霊,NAKED
不思議と目を奪われてカメラを構えるのを忘れてしまいました(笑)
こりゃ、、肉眼で楽しむものだ、、と。
一応撮影させていただきました。


私は風景こそたくさん撮りますが、ポートレート等の人物撮影はあまりしなく慣れていないので、この写真を載せるのは少しばかり恥ずかしい、、(笑)



sponsored

最後に

今回ご紹介させていただくのは以上です。
続きはぜひ足を運んで実際に楽しんでいただければと思います。
写真では伝えることのできないプロジェクションマッピング、香りは会場ならではです。


FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-は2020年3月1日まで日本橋三井ホール COREDO室町1で開催しています。



今回撮影した写真はinstagramでも公開中です。ぜひ見てくれると嬉しいです。



では、また。



記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。


Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。




sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿