東武橋からスカイツリーと河津桜を撮ってみた!

東武橋

こんにちは! Nocchi(のっち)です。


東武橋に撮影に行きました。
※詳しくはこちら
桜,青空,スカイツリー
実は既に記事にもしているのですが、夜桜の撮影も行ってます。
今回は別日に昼の撮影にも行ったのでそちらを紹介していこうと思います。
夜編の記事はこちら

スカイツリーと河津桜

場所等は前回の記事を参考にしていただきたいので
今回はさっそく作例の紹介をしていきます。
桜,青空,スカイツリー
夜に行ったときよりも全体的に開花が進んでいてほぼ満開状態だったので
満開感を出すためにゴージャスな感じにしてみました。


この構図で撮るときは基本的には花びらを前ボケにして、スカイツリーに
フォーカスをあてるようにします。


桜の花びらをぼかすことでふんわりとした感じにしあがり、春のあたたかさを写真から感じられるようになるかなと思います。


夜の場合は河津桜の濃いピンクとスカイツリーのブルーのライトのコンストラストが
印象的でしたが、昼間の青空とのコンストラストも素敵でした。


また、夜ならではのダークな感じと対照的に春の昼というあたたかみ感じとることが
できるような写真を撮るように心がけてみました。






桜,青空,スカイツリー
休日に撮影しに行ったので、観光客がとても多く撮影する気力がなくなっていましたが
この写真だけは真面目に撮りました(笑)
ここでの撮影は基本的にシャッタースピードはやめ。風で桜がゆれますので。


意識したのはバランスです。


花びらを前ボケさせるのは同じですが、ボケがうるさくなりすぎないように
あくまで主題がスカイツリー、副題が桜であり桜がスカイツリーを邪魔しないように
枝の間をちょっと潜り込んで撮りました。


潜り混むように撮ると変な態勢になって腰が痛い。。
カメラマンとして筋トレと体力つけないとだめだなと痛感しました。。(笑)



sponsored

最後に


カメラマンや観光客でごった返していたので、5枚くらいとってすぐに退散しました。
スペースが狭いから撮ってるだけですこししんどかった、、(笑)
ただ少数を集中して撮るのは久々で個人的にはとても楽しかったなぁ。。


夜の記事にも書いたのですが、スペースが割とせまいので
何枚か撮ったら他の方に譲るという精神を持ちながら撮影に臨んでいただけるとよいかなと思います。


みなさんは昼と夜の写真どちらが好みでしょうか。
今回は以上で。
では、また。


記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。


Instagram、Twitterでも発信していますのでフォローをよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは↓のボタンからご利用いただけます。


sponsored

0 件のコメント :

コメントを投稿